時価総額9300億円ゲットだぜ! Pokemon GO人気で任天堂株が成層圏を突き抜ける

時価総額9300億円ゲットだぜ! Pokemon GO人気で任天堂株が成層圏を突き抜ける 1

爆誕ですなあ。

Pokemon GO人気で任天堂の株価が1日で25%あがって2日で75億ドル(約7723億円)、一時30%あがって3日で時価総額90億ドル(約9300億円)をゲット。「任天堂にとっては1983年以来最高の1日」と言われてますよ。

時価総額9300億円ゲットだぜ! Pokemon GO人気で任天堂株が成層圏を突き抜ける 2

アメリカでは射殺抗議デモの人々が高速道や広場に溢れ出す中、Pokemon GOの人々が公園や一度も寄ったことない教会に溢れ出し、朝のニュースもPokemon GO一色! 殺伐とした緊迫状態に平和な安らぎをふりまいています。タイミング的にほんと救われますわ。ちなみにPokemon GOユーザーの1日の利用時間は平均43分とのことです。

「Pokemon GO」は、任天堂、株式会社ポケモン(任天堂が32%所有)も手伝ってますけど、開発元はNiantic(昨年Googleから独立)。

任天堂株がここまで上がるのは、もしかしてみなさまNianticの存在を知らないだけなのでは…という気がしないでもないですけど、ピカチュウ、バルバザウル(フシギダネの英名)といえば任天堂、任天堂といえばピカチュウ。相乗効果を含めたら、そりゃ株も上がりますわ。ちなみにNianticは、Google Earth共同創業者のJohn Hankeさんが2010年に創業した会社です。地図に強そうだね。

米ギズは「でも無料でしょ。儲からないんじゃないの」と、どっかのTVキャスターがしゃべってたような論評で結んでますけど、調査会社のSensor Tower Inc.によれば、米国のiOSアプリだけで既にダウンロード200万回突破で、アプリ内課金で1日の売上160万ドル(約1億6500万円)とのこと。人気も儲けもモンスターなのでした。

image by David Ingles - Bloomberg

source: WSJ, Reuters

Angela Chen - Gizmodo US[原文

(satomi)