ポケモンGOは正しくプレイしよう! 政府が注意喚起のツイート

ポケモンGOは正しくプレイしよう! 政府が注意喚起のツイート 1

楽しくプレイする前に、少しだけ気をつけて!

多くの小学校が夏休みを迎える今週、Pokemon GOをプレイしたい!というお子さんがいる家庭も多いでしょう。でもちょっと待って、お子さんはスマホゲームを安全に遊べますか?

というわけで、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)「ポケモントレーナーのみんなへのおねがい♪」という注意喚起を公式Twitterアカウントにてアナウンスしています。

このNISCによる注意、子供がPokemon GOをプレイするにあたっての予測される危険をよーく考えて作られています。むしろ、大人が読んでも十分ためになりますよ!

今回の注意喚起はかなり読み応えがある内容なので、ここに簡単に内容を抜粋してみたいと思います。

1. 個人情報を守ろう
本名は使わない。写真もどこかわかりにくいように撮ろう。
2. 偽アプリ、チートツール注意
アプリは公式からダウンロード。「裏ワザ」などの甘い言葉に注意!
3. お天気アプリは必ず入れよう
天気アプリの警報に気をつけ、海のそばを探索するときはとくに注意。
4. 熱中症に警戒しよう
定期的に日陰で休憩し、塩分を含む水分摂取を。服装も肌が隠れるものを。
5. 予備の電池を持とう
PokemonGOはバッテリーをかなり消費します。またコンセントの使用は許可をとってから。
6. 予備の連絡手段を準備しよう
テレホンカードや、迷子になったときのために全身が写った写真を持ち歩きましょう。
7. 危険な場所には立ち入らない
地形や治安が危険な場所には注意! 特に海外では気をつけて。
8. 会おうという人を警戒しよう
他人の甘い言葉に気をつけ、会う場合は必ず大人と一緒に。
9. 歩きスマホは×ですよ
前が見えない歩きスマホは危険! かならず立ち止まってプレイしましょう。

大人も「ここまで気をつけていなかったな…」という項目がいくつかあると思います。特に撮影した画像からの居場所は、その気になれば恐ろしい精度で特定されることがあるので気をつけたいですね。

なかなか日本でのリリース日が決まらないPokemon GOですが、開発元のNianticのCEOは「7月末までにリリースしたい」と発言しています。上の注意事項をよく読み熱中症に気をつけて、楽しくモンスターを探したいものですね!

source: 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)

(塚本直樹)