Raspberry Piとハムスターのコラボ。回し車を回す力で動く「ハムスター専用、自画像マシン」

Raspberry Piとハムスターのコラボ。回し車を回す力で動く「ハムスター専用、自画像マシン」 1

人力ならぬ、ハムスター・パワーが動力源。

なんのこっちゃ?!と思われるでしょうが、まずは動画をご覧ください。

ハムスターが回し車で走り出すと、歯車を介してその回し車と繋がっている円形の装置も動き出します。この円形の装置は内側に絵を描き出すのですが、その絵とは回し車で遊ぶハムスターの姿なのです。つまり、ハムスターは動くことで自画像マシンの動力となり、被写体にもなったということ。

ハムスターが乗っている回し車の壁がLEDスクリーンとなっており、その背後には超小型PCRaspberry Piが仕込まれていて、openFrameworksで書かれたソフトを動かしているという仕組み。…まあ、回し車に夢中なハムスターからすれば、自らが描かれようが、それこそマシンの“歯車”とされようが知ったこっちゃないですよね。

source: Vimeo via Laughing Squid

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

(たもり)