ビクッとせずにいられますか? 恐怖のスーパーカットで肝だめし

びびったか!たじろいだか!

真っ暗な部屋でヘッドホンをし、フルスクリーンでお楽しみください。

暑い夏にピッタリな、思わず椅子から飛び上がるほど怖い、40本の映画から選ばれた名ジャンプスケア・シーンをまとめた映像が公開されています。

ホラーが苦手な方は閲覧注意です。また、映画の見せ場となるシーンの連続なので、ネタバレにも注意です。登場するタイトルの一覧を動画の下に記述していますので、確認してから再生すると良いかもしれません。

こちらはLaughing Squidが取り上げた、Burger Fictionの動画。

登場している映画のタイトルは以下の通りです。

「エクソシスト3」(1990年)
「ピーウィーの大冒険」(1985年)
「インシディアス」(2010年)
「Mama」(2013年)
「エイリアン」(1979年)
「REC/レック」(2007年)
「ディセント」(2005年)
「エミリー・ローズ 」(2005年)
「ソウ」(2004年)
「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」(2008年)
「ジュラシック・パーク」(1993年)
「ディープ・ブルー」(1999年)
「ジョーズ」(1975年)
「13日の金曜日」(1980年)
「フッテージ」(2012年)
「暗くなるまで待って」(1967年)
「ハロウィン」(1978年)
「パラノーマル・アクティビティ2」(2010年)
「箪笥」(2003年)
「シックス・センス」(1999年)
「ポルターガイスト」(1982年)
「キャンディマン」(1992年)
「エルム街の悪夢」(1984年)
「キャリー」(1976年)
「THE JUON/呪怨」(2004年)
「ザ・リング」(2002年)
「ロード・オブ・ザ・リング」(2001年)
「セブン」(1995年)
「スペル」(2009年)
「サイン」(2002年)
「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」(2012年)
「マルホランド・ドライブ」(2001年)
「エクトプラズム 怨霊の棲む家」(2009年)
「スクリーム」(1996年)
「永遠のこどもたち」(2007年)
「死霊のはらわた」(1981年)
「ダークナイト」(2008年)
「TATARI タタリ」(1959年)
「死霊館」(2013年)
「狼男アメリカン」(1981年)

ホラー以外のジャンルの作品もちらほら入っているのが興味深いです。

前後のシーンが短いですし、コッテコテな演出ばかりなので本編で見た時ほど1つ1つは怖くない印象を受けますが、息つく暇もなく連続でくるので、ホラー映画慣れしている人でも少しは心臓にきたのではないでしょうか?

source: YouTube via Laughing Squid

中川真知子