なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし!

Sponsored

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 1

Sponsored by ファーウェイ・ジャパン株式会社

ジャストサイズってこれくらいじゃないかな。

スマホとタブレットの2台持ちは、もはや常識になりつつあります。ギズモード編集部員も、大半がスマホ&タブレット使い。

そんな編集部で、タブレット談義に花が咲いています。ちょっと聞いてみましょうか。

理想のタブレットは「7インチ」かも

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 2

佐々木:最近はタブレットもサイズが豊富になったよね。俺は今8インチのを使ってる。コンパクトな方が持ち運びしやすいしね。

斎藤:8インチのタブレットは小さめですけど、女の子にはまだちょっと大きいかな。片手でガシッとつかめないのがちょっと。

吉岡:8インチクラスだと、電車の中で立ったまま使おうとすると、男性でも疲れてきますよね。

斎藤:かといって、スマホだと小さな文字とか見づらいし。TwitterとかFacebookを見るならタブレットの方が快適なんだよな〜。

どうやら、タブレットのサイズについて議論している様子。もう少し聞いてみましょうか。

佐々木:8インチを使ってて思うのは、実は、理想的なのは7インチなんじゃないかってこと。大きすぎず小さすぎず、電車の中でマンガを読むのにちょうどいいサイズなんだよな。5インチ、6インチのスマホだと文字が小さくなっちゃって読みづらいんだよ。

吉岡:あ! 僕も今それ言おうと思ってました。7インチならベッドの中で動画を見たりするときも片手で持ててラクなんですよ。スマホよりも画面大きいから、見やすいし。

斎藤:うん。7インチだと女の子でもラクに持てるし、画面も見やすいし。ベストサイズって感じですね。

吉岡:なので僕は今7インチのタブレットを狙ってるんですけど、今度ファーウェイから発売される「MediaPad T2 7.0 Pro」がいい感じなんですよ!

ファーウェイの7インチタブレットは小さいけれど高機能

興奮気味の吉岡がプッシュするMediaPad T2 7.0 Pro。コンパクトなボディに機能満載で7インチタブレットの魅力を存分に味わえます。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 3

ご覧ください。狭額フレームのおかげで7インチとは思えないくらいコンパクトに見えますね。本体前面が全部液晶みたいに見えて広々した印象。重さは250g。片手で持っていても疲れません。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 4

ディスプレイのクオリティも大きな特徴です。高解像度LTPSディスプレイは、フルHD表示に対応。また、ファーウェイ独自の技術「ClariVu」により、さまざまなシーンでディスプレイが最適化されます。

ClariVu」には3つの機能があって、自動で発色をよくしてくれる「Color Plus」で彩度が最大20%強化されたほか、「Eye Care Mode」では、ここ数年話題のブルーライトをカット。数時間、電子書籍を読んでみると分かりますよ。目があまり疲れてなくて「ブルーライトカットの効果、パねえな」と。3つ目は「Sun View」。晴れの日の屋外だと画面が見づらかったりすることありますよね。見る角度を変えたりしてわずらわしいことこの上ないですが、そんなときにこの機能が強い太陽光の下での輝度とコントラストを最適化してくれるんです。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 5

サイドの指紋認証パッドにもご注目ください。ここで、ロック解除はもちろん、電話に出たり、長押しで写真やビデオの撮影、アラーム停止、通知パネル表示などを操作できたりしてしまうのです。指紋認証はファーウェイの目玉技術の1つだけに、こういうところの機能性、進んでます。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 6

指紋認証パッドも便利ですが、さらに「ワンハンドUI」が片手操作を強烈アシスト。この機能、画面下の仮想ナビゲーションバー上で指を左右にスライドすると、画面が下、または左右いずれかに配置されるというもの。ファーウェイの従来機種にも搭載されている機能ですが、MediaPad T2 7.0 Proで使ってみたら、あらためてその利便性を感じました。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 7

さて、機能性に魅力たっぷりのMediaPad T2 7.0 Proですが、それを支えるCPUもいい感じ。ハイパフォーマンスで省エネ仕様のオクタコアCPUを採用してます。複数のアプリを起動して切り替えて使ってもサクサクですよ。

結構使い倒しても本体はほんのりあったかくなるくらい。これからの季節、あまり発熱しないのはありがたいです。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 8

カラーリングは、ホワイトゴールドに加え、タブレットでは珍しいブルーもラインナップ。OSはAndroid 5.1、バッテリーは4,360mAhの大容量。メインカメラは1300万画素、インカメラは500万画素。SIMカードスロットを備えていて、LTEにも対応します。格安SIMを挿して使うのもよさそうですね。

デュアルSIM対応の上、SDカードも利用可能、対応周波数帯が幅広く3大キャリアすべてで使用できる頼もしさ!

「大きな画面」派の人は10インチモデルをどうぞ

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 9

「7インチこそ理想的!」と、盛り上がっていた編集部員たちですが、「いやいや、タブレットは画面が大きくなきゃ!」という方もいることでしょう。そんな方には、10インチの液晶ディスプレイを搭載した「MediaPad T2 10.0 Pro」も用意されています。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 10

MediaPad T2 10.0 Proは、6,660mAhの大容量バッテリー搭載。スマホを接続して充電することができたり、大画面ならではの分割画面表示も可能。使い勝手よいです。

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 11

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 12

さらに、ステレオスピーカーとファーウェイ独自のサラウンドシステムSWS(スーパー・ワイド・サウンド)2.0により、臨場感あふれるサウンドを実現しています。よりエンターテインメントを楽しみたいという方にはオススメですよ!

これだけの機能がついて、このお値段!?

なんだかんだいってタブレットは7インチが理想なんじゃないか説浮上。価格も安ければ言うことなし! 13

MediaPad T2 7.0 Proは本日(7月8日)発売、MediaPad T2 10.0 Proは発売中です。そして、驚きなのがその価格。どちらのモデルも市場想定売価が2万4980円(税別)とのこと。なんというコストパフォーマスの高さ。これには編集部員もびっくりの様子。

斎藤:や、安いですね。

吉岡:正直、めちゃくちゃお買い得だと思います。どうでしょう? 編集部用に1つ。

佐々木:お、いいかも。でも個人的にも欲しい〜!

いやぁこれは僕も欲しい。ちょうどAndroidタブレットを検討中だったので、編集部の「7インチブーム」に乗っとこうかな?

source: MediaPad T2 7.0 ProMediaPad T2 10.0 Pro

(三浦一紀)