世紀の発明! ブラウザをシークレットモードにすると自動で部屋のドアに鍵をかけてくれる

世紀の発明! ブラウザをシークレットモードにすると自動で部屋のドアに鍵をかけてくれる 1

ガチャ!「ちょ、母ちゃんノックしろよっ!」が無くなる。

人間のクリエイティビティ、底が知れません。世界中の男性たちの救世主が降臨したと言っていいかもしれません。唯一無二の発明を繰り返すUseless Duck Companyが今回発明してくれたのは、なんと「ブラウザのシークレット・モード(Incognito mode)を検知して、部屋のドアに自動で鍵をかけてくれる」という物。

プライベートモード、インコグニートと色々な呼び方がありますが閲覧者のプライバシーを守ってくれるこのモード、どんなウェブページを見たかが履歴に残らないので、家族とコンピューターを一緒に使っている人には必須の機能となっています。

部屋で一人でインターネット上をサーフィンしていると、たまに家族には知られたくないものを覗かないといけない時もあるわけですよ。でもついネットサーフィンに熱中していると部屋のドアの鍵をかけるのを忘れてしまって、いきなり誰かにドアを開けられてしまうなんて悲しい事故、誰にだって経験があるはずです。

この発明があれば、ブラウザをシークレットモードにした瞬間に自分がいる部屋のドアに鍵がかけられるので、そういった最悪の事態を防ぐことができます。

どんな時にこの発明が役に立つか、もう皆さんお分かりですよね。そうです、

奥さんのプレゼントを内緒で購入しようとしている時です。

発明したUseless Duck Companyのビデオも、その状況を想定してこのデバイスを発明したようです。人々のニーズをよく分かっていますね。

ぶっちゃけて言っちゃうと、男たるものインターネットでやってることの中には妻に知られたくないものもあるわけだ。たとえば妻に贈るクリスマス・プレゼントをオンラインで購入しようとしている時。だってせっかくのサプライズが台無しになっちゃうだろ。

そういった時、オレたちはシークレット・モードを使うわけだ。でもそうやって選んでる時に妻が部屋に入ってきてしまったらどうする? もっと最悪の事態は、まさに最後の支払いが終わる瞬間に妻が入ってきてその瞬間を見られたらどうする? でもこの発明があればそんな心配がなくなるぜ。

か、かっこいい...!

世紀の発明! ブラウザをシークレットモードにすると自動で部屋のドアに鍵をかけてくれる 2

ブラウザを開いて、シークレット・モードを使うと…

世紀の発明! ブラウザをシークレットモードにすると自動で部屋のドアに鍵をかけてくれる 3

シグナルが送られて…

世紀の発明! ブラウザをシークレットモードにすると自動で部屋のドアに鍵をかけてくれる 4

鍵が自動でかかる!

いやー、素晴らしいですね。どうも一般販売はされないようですが、未来のスマートホームに標準で設備されることが期待されます。

source: Useless Duck Company / YouTube via The Next Web

(塚本 紺)