打感はカ・イ・カ・ン、iPad Pro用外付けキーボード

打感はカ・イ・カ・ン、iPad Pro用外付けキーボード 1

ッターン!はできるかな?

iPad Proでスムーズに入力するための「外付けキーボード」は純正からサードパーティー製品までさまざまありますが、その多くがペシペシ、あるいはペタペタといった打ち心地。

これじゃ最高のタイピングはできないぞ!とばかりに、Razerから極薄メカニカルスイッチを搭載した「iPad Pro 12.9インチ用外付けキーボード」が発表されました。

打感はカ・イ・カ・ン、iPad Pro用外付けキーボード 2

Mechanical Keyboard Case」と名づけられたこのキーボード、その特徴は各キーに「極薄メカニカルスイッチ」を内蔵していることです。

現在のタブレット向けキーボードやノートパソコンは、ほとんどが「メンブレンスイッチ」を利用しており、それらは安価で薄型ですがキータッチはいまいち。しかしメカニカルスイッチを搭載した本製品なら、同じくメカニカルスイッチを搭載したフルサイズキーボードに近い打ち心地を楽しめます。

キーボードの押下圧は70gと、かなりしっかり目。さらにキーボードにはバックライトを内蔵し、暗い場所でも快適にタイピングができます。純正キーボードにはバックライトが内蔵されていないので、この仕様は嬉しいですね!

打感はカ・イ・カ・ン、iPad Pro用外付けキーボード 3

見てください、この装着時の一体感を。右上のホームボタンに気づかなければ、新型ラップトップかな?なんて思ってしまうほどです。iPad ProとはBluetoothで連携し、満充電状態で約600時間、バックライト利用時で約10時間が可能です。

Razer Ultra-Low-Profile Mechanical Switchの価格は170ドル(約1万8000円)。海外では発売が開始されていますが、まだ日本のストアには登場していません。

価格的にはAppleの純正キーボードに近い本製品ですが、メカニカルスイッチやバックライトの搭載という機能面では一歩リードしているようですよ。

source: Slash Gear

(塚本直樹)