聞きながら弾ける、話せる。マイクを搭載したイヤホン「ライブモニターイヤホン」

聞きながら弾ける、話せる。マイクを搭載したイヤホン「ライブモニターイヤホン」 1

つけっぱでも大丈夫。

JVCケンウッドが、「マルチライブモニターイヤホン」なる製品をMakuakeにて資金を調達中です。これは周囲音取り込み機能を搭載したワイヤレスイヤホンで、イヤホンにマイクを内蔵しているのが大きな特徴。この機能によって、イヤホンで音楽を再生しつつ、かつ外部の音も拾えます

聞きながら弾ける、話せる。マイクを搭載したイヤホン「ライブモニターイヤホン」 2

例えば、イヤホンで音楽を聞きつつも会話や外部アナウンスが聞けるという次第です。電車でも安心して音楽が聞けます。

聞きながら弾ける、話せる。マイクを搭載したイヤホン「ライブモニターイヤホン」 3

しかし、一番のウリはヴァーチャルセッション体験にあるとのこと。つまりは音楽を再生しながら楽器を演奏することで、アーティストとセッションしている気分が味わえるというやつです。

楽器奏者であれば、家で音楽を聞きながらその曲のフレーズを演奏するというシーンは少なくないはず。スピーカーから鳴らせばシンプルですが、真剣に耳コピしたいならヘッドホンやイヤホンで聞きたいところ。そうなると、PC側から楽器の音を再生した方が都合が良いので、オーディオインターフェースやらなんやらが必要になってきます。

聞きながら弾ける、話せる。マイクを搭載したイヤホン「ライブモニターイヤホン」 4

「マルチライブモニターイヤホン」はそこをイヤホンに集約させつつ、ワイヤレスなので取り回しも楽なのがうれしい。専用アプリで周囲音と再生音のバランスや音質も調整できるので、まさにモニタリングという感じです。再生側の低域を下げて、プレイヤー側でベースを弾いたりとか、そんな使い方でしょうか。

そうなると気になるのがモニター側の遅延ですが、本体内のパワードミキシングBOX内で処理することで高音質かつレイテンシーを感じさせないサウンドになるとのこと。通常会話もつけっぱなしで問題なさそうです。

Makuakeのプロジェクトページにて、1万3000円以上の投資で本製品がゲットできます。今回のプロジェクトの反響次第では、一般販売もあり得るとのことです。

© CyberAgent Crowd Funding, Inc. All Rights Reserved.
© JVCKENWOOD Corporation

source: Makuake

ヤマダユウス型