手動自動な音楽構築。巨大な手回し式バンド演奏装置

手動自動な音楽構築。巨大な手回し式バンド演奏装置 1

音楽を構成する視覚的な運動。

これは何か?と聞かれたら……なんなんでしょう。クランクを回すとベースやドラムやキーボードが自動で演奏される、オルゴールのような手動自動演奏マシン、とでも言いましょうか。

いわく「Music Construction Machine」とのことですが、その異質さは動作している様子を見ても相当です。

制作したのは、自称・役に立たない物発明家のNiklas Royさん。足を止めた人たちはクランクを回しては、ゆるりと演奏を始める楽器群を眺めています。

手動自動な音楽構築。巨大な手回し式バンド演奏装置 2

手動自動な音楽構築。巨大な手回し式バンド演奏装置 3

手動自動な音楽構築。巨大な手回し式バンド演奏装置 4

「Music Construction Machine」の名前の由来は、新しい音楽を「構築」することに由来しているとのこと。このプロダクトは文化資本プログラムの一環として、ヴロツワフとポーランドのゲーテ・インスティトゥートのパビリオンに展示されています。

そもそも自動で音楽をなすことはどこに意義を求めるのか、自動演奏とバンド演奏の違い、規則的なフレージングは機械的なアルゴリズムとどこに差異が、うんたらかんたら……。

なんとか小難しい解釈をしてハっとしたいところですが、実際に触ったらテンションが上がる以外にないんでしょうね、知ってた。

source: YouTube

ヤマダユウス型