三大ジャズフェス、モントルー・ジャズ・フェスティバルが今年も東京で開催

三大ジャズフェス、モントルー・ジャズ・フェスティバルが今年も東京で開催 1

日本にジャズの季節が、再び。

カナダのモントリオール国際ジャズフェスティバルにつぐ、世界2番目の規模を持つジャズフェス、モントルー・ジャズ・フェスティバル東京開催が、今年も決定しました。

1967年の夏にスイスはレマン湖のほとりから始まった本フェスも、今年で50回目のメモリアルを迎えました。マイルス・デイビスやボブ・ディラン、ディープ・パープルも出演した伝統的なフェスとして知られ、世界中で開催されています。

2015年には初めて東京が開催地に選ばれ、大友克洋さんがキービジュアルを担当したことも話題となりました。

三大ジャズフェス、モントルー・ジャズ・フェスティバルが今年も東京で開催 2

そして、今年のキービジュ(トップ画像)を手がけたのはファッションデザイナーの山本耀司さん。本ジャズフェスの創始者であり、2013年に亡くなったクロード・ノブスさんが敬愛したデザイナーの1人でもあります。

ジャズというと小難しく受け取りがちですが、「自由闊達な精神」を宿した演奏こそが、モントルー・ジャズ・フェスティバルの語るジャズとのこと。「ジャズ」はスタイルやジャンルを指した言葉に留まりません。

開催期間は2016年10月7日(金)~9日(日)の3日間で、会場は恵比寿ザ・ガーデンホールと代官山UNITです。チケット情報や出演アーティストは随時公式サイトに追加予定。

© Montreux Jazz Festival Japan 2016 Executive Committee

source: Montreux Jazz Festival Japan 2016, Anime en Español

ヤマダユウス型