声優がモーションキャプチャーをつけてアフレコ。それはきっと、ヤバいことになるかなって

声優がモーションキャプチャーをつけてアフレコ。それはきっと、ヤバいことになるかなって 1

ヒワイじゃないよ、みんな見てね!(作品内の発言より抜粋)

2016年7月6日(水)から、「魔法少女?なりあ☆がーるず」というアニメがスタートします。いわく、新感覚ユーザー参加型生アニメとのことですが、監督が「gdgd妖精s」や「てさぐれ!部活もの」の石ダテコー太郎さんと言えば、なんとなく察しがつくんじゃないかなと。

本作はリアルタイムアニメシステム「KiLA(Kigurumi Live Animator)」を使っているのが最大の特徴。声優さんの動きをモーションキャプチャーしつつ、アフレコしたものをTV用に編集して流すという、独特というか前衛というか、そんなスタイルのアニメになっています。

放送に先立ちゲネプロの様子が、YouTubeとニコニコ動画に公開されていますが、思った以上にカオスな現場になっているようです、なってます。

映像はなりあ☆がーるずチャンネルより。

声をあてている深川芹亜さん、古賀葵さん、桑原由気さんたちの動きに合わせて、キャラクターが動いて話しているのがわかります。装置のキャリブレーションや即興のエチュードなど、なるほどなーと思っていたら、8:00頃からのバターライスvsチキンライス論争でそんなのどうでもよくなってきた。

そして、ニコニコ生放送では毎週金曜に「なりあ☆がーるずの生でアニメをつくるさま」が公開されます。そこで撮影されたアドリブ映像を編集し、地上波で放送するというのが作品全体の流れという次第です。第1話の撮影分はすでに公開されています。

以下はニコニコ生放送のもの。

声優がモーションキャプチャーをつけてアフレコ。それはきっと、ヤバいことになるかなって 2

声優がモーションキャプチャーをつけてアフレコ。それはきっと、ヤバいことになるかなって 3

やばいこれ着地点だれも理解してない」というキレッキレのコメントからも、視聴者の期待が多いに伺えます。

このアドリブをどうやって地上波向けにするんだろう?と心配しかありませんが、公式としても金曜のニコ生を見てからのテレビ放送視聴を推奨しているので、そこを含めてのエンターテインメントなのかなと。10分に編集するらしいですからね……。

でも、とても面白い。「gdgd妖精s」のアフレ湖のような、声優さんのユルいアドリブをもっと聞きたいというニーズと、そのユルさを体現するに相応しいツールが運命の出会いを果たしてしまったというか。

転じて、真面目な使い方を想定するならば、演技派の声優さんたちや役者さんによる生劇や、KiLAの紹介事例にもあるような映像企画モノでしょうか? 地上波アニメレベルでのKiLA運用は「魔法少女? なりあ☆がーるず」が初めてのようなので、本作の反響次第では今後も面白いモノが生まれるかもしれません、それはもう色々な意味で

source: YouTube1, 2, ニコニコ動画, なりあ☆がーるずチャンネル, TVアニメ『魔法少女?なりあ☆がーるず』公式サイト, Kigurumi Live Animator KiLA

ヤマダユウス型