ヘヴィメタルが唐突に人気番組に登場した瞬間10選

ヘヴィメタルが唐突に人気番組に登場した瞬間10選 1

放送時に思わずニヤリとした人は多かったでしょうね。

世界中で7,500万人以上の「Spotify」ユーザーが、ポップスよりも好んで聞いているヘヴィメタル。それだけ知名度が高いジャンルなので、世間一般に知れ渡っているバンドやミュージシャンは数多くいます。

そんな彼らが唐突に人気番組に登場し、お茶の間を「お!?」と思わせたシーンを、Loudwireがまとめた動画でチェックしていきましょう。

いったいどんなバンドが突如出演したのか……動画の内容をおさらいします。

ナパーム・デス

子供番組に出演した彼らが、史上最も短い曲としてギネス世界記録に載っている曲「ユー・サファー」を演奏しました。以前に2000%の速度に落としてみたあの曲ですね。

サテリコン

ノルウェーのファッション・ショーで演奏したサテリコン。かつて美容に関するノウハウを発信しているオランダの美少女が、「ブラック・メタルはビューティー業界でもっと評価されるべきだ!」として彼らのコープス・ペイントを披露したこともありました。

ポートレイツ

ニュージランドの子供向け番組に出演したテクニカル・デスメタル・バンドですが、見た目は普通のストリート・キッズですね。

カーカスとチャック・シュルディナー

ドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」に楽曲が登場し、デスのフロント・マンであるチャック・シュルディナーの名前もセリフに登場しました。

カンニバル・コープス

ジム・キャリーの映画「エース・ベンチュラ」に登場。ジム・キャリー自身もステージ上でデス声で何かを歌っています。この時はディズニー風の演奏ではなく、ちゃんとメタルしています。

ジューダス・プリースト

ロブ・ハルフォード本人が、「ザ・シンプソンズ」にゲスト出演。名曲「ブレイキング・ザ・ロウ(法を犯せ)」を、「法律を尊重せよ」とパロディーにして歌っています。スウェーデン領事官はノリノリで「スウェーデン人はデスメタルが大好きなんだ」と言っていますが、後に制作側はジューダス・プリーストをデスメタル・バンドとして紹介したことを、公式に謝罪しています。

デイヴ・ムステイン

メガデスのフロント・マン、デイヴが、コメディー・ドラマの「ドリュー・ケリー DE ショー!」に出演。何かのオーディションに候補者として出たようですが、プレイが速すぎるため落選したようです。残念!

カーカス

ドラマ「フレンズ」にフィービーの大好きなバンドとして名前だけ登場。

ギーザー・バトラー

クイズ番組「ジェパディ!」に、ブラック・サバスのベーシスト、ギーザー・バトラーの名前が問題として出題されました。「偏屈爺さん」を英語で「ギーザー」と呼ぶことをヒントにしたものでした。

アンスラックス

1987年から11年続いたご長寿シットコム、「マリード…ウィズ・チルドレン」に本人役でゲスト出演しました。さえない父親アル・バンディーですら手を付けない、母親ペギーが作った謎の料理をむさぼったアンスラックスはトリップしてしまい、家の中で演奏を始めてしまいましたとさ。


ヘヴィメタルはちょっとアンダー・グラウンドなイメージだったり、ネタにされがちな音楽だったりするのですが、メジャーなメディアに登場するとマニア受けしたりするんですよね。

これは制作側が知っていないと出演させようとならないと思いますので、業界にはメタルヘッズが多くいると考えても良いでしょう。

source: YouTube, METAL INSIDER

岡本玄介