One Drive、ポケモン画像の分類機能「Pokemon Ditector」を搭載

One Drive、ポケモン画像の分類機能「Pokemon Ditector」を搭載 1

ポケモンハンターのあなたに。

ポケモンGOで見つけたポケモンのスクリーンショットを保存している人は多いと思いますが、100種類以上もいるポケモンの画像を全部保存し、管理するのは結構大変。これはどうしたらいいのやら…と思っていたところ、クラウドストレージサービス「OneDrive」ポケモン画像を自動分類してくれる新機能「Poké detector」が搭載されました!

One Drive、ポケモン画像の分類機能「Pokemon Ditector」を搭載 2

このPoké detectorでは、OneDriveにアップロードした画像を認識技術によって分類し、自動でタグがつけられます。自分のOneDriveからは「#pokémon」でポケモン画像を、そして「#ポケモン名」で該当するモンスターが一覧表示されます。

これで大量のモンスターの中からレアポケモンを表示したり、同じモンスターをたくさん捕獲しても見やすく分類することができます。まさにポケモンマスターのための機能といえそうですね! なお、この機能を利用するには「カメラアップロード」をオンにしておく必要があります。

OneDriveではその他にもハイクオリティな画像を自動で選択する「Automatic albums」、同じ季節に撮影した画像を選ぶ「On this day…」などの機能が追加されています。自分のカメラフォルダがポケモン画像で一杯になる前に、OneDriveの自動分類機能を試してみるのもよさそうです。

source: Office Blogs

(塚本直樹)