バターは本当に体に悪いのか?

バターは本当に体に悪いのか? 1

「たっぷりのバターはおいしいけれど身体に悪い」そう思っていた人は多いのでは?

子どもの頃からトーストに乗せるバターは少なめにするように言われてきたという人も少なくないはず。実際、70年代頃から発表されていた健康のためのガイドラインの多くに、油脂がたっぷり染み込んだ食べ物の摂取は心臓疾患をはじめとする健康へのリスクがあるとして注意喚起されてきたのですから。

ですが、もしかしたら私たちは過剰反応していたのかもしれません。以前発表されたタフツ大学の研究では、バターの消費量と心臓血管の病気との関連は示せませんでした。そしてPLOS ONEで公開された新たな研究では、15カ国63万6千151人という大規模な調査でメタ解析が行なわれ、バターと生活習慣病は関係ないことが示唆されました。

しかも、バターが糖尿病の進行リスクを減らす可能性さえあるという結果も出ました。なんと毎日テーブルスプーン一杯のバターを摂取することで、4%の糖尿病リスク軽減につながることも示唆されたのです。

一方で、バターのネガティブな側面も拭い切れません。毎日テーブルスプーン量のバターを摂取すると、死因を問わず死亡率1%上昇することが明らかになりました。ただこれについて研究者たちは、バランスの悪い食事やライフスタイルなど、その他の要因との関連性の高さから出た数値だろうと追及しているようです。

バター醤油で味をつけたり、蜂蜜バターをトーストに乗せたり(ちなみにトップ画像は、香港スタイルのフレンチトースト)…。やっぱりバターをたっぷり使ったおいしい食べ物は諦めるべきなのかしら…なんて落ち込むのはまだ早いみたいです。研究では、バターが健康的な食材ではない一方で、バター自体は悪者ではないことも示されています。

たとえば砂糖やパンなどのでんぷん食品は、バターよりも心臓血管の病気や糖尿病に影響があり、マーガリンや菜種油、大豆油、亜麻仁油、エクストラバージンオイルなどの料理用油よりもバターのほうが健康に悪影響であるといわれています。

論文の共同著者であるDariush Mozaffarianさんは、今回の研究でバターと生活習慣病の因果関係が完全に証明されたわけではないとしたうえで「我々の結果が示したのは、バターが身体に悪いものでも良いものでもないということ」だといいます。Mozaffarianさんら研究チームは、バターが糖尿病リスクを軽減する要因について引き続き調べる必要があることを明らかにしています。

Top Image by avlxyz/Flickr

source: PLOS ONE

George Dvorsky - Gizmodo US [原文

(Rina Fukazu)