ひとだま…?白くてゆらゆら光る謎の深海魚を新発見

ひとだま…?白くてゆらゆら光る謎の深海魚を新発見 1

海の底に人の魂が沈んでしまったというのか…。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の観測船オケアノス・エクスプローラー号が、マリアナ海溝の深さ約2,500mのところを泳ぐ、ソコオクメウオ科の一種と思われる深海魚を新発見しました。

体長は約10cm。白く透明でうっすら光る深海魚がゆらゆら泳ぎ漂う姿は、まさにひとだまのよう。

NOAAのBruce Mundy博士によれば「これは驚くべきことです。この種の魚が生きた状態で目撃されるのは初めてです」とのこと。

深海にはまだまだ謎がいっぱいですね。

video: the NOAA Office of Ocean Exploration and Research, 2016 Deepwater Exploration of the Marianas

source: Okeanos Explorer

(mayumine)