ダンスが空間を作る、その空間でさらにダンスを踊る。人と空間の新たなインタラクティブアート

ダンスが空間を作る、その空間でさらにダンスを踊る。人と空間の新たなインタラクティブアート 1

「人が環境をつくり、環境が人をつくる」という言葉を思い出します。

Interactive Architecture Labは環境、空間、建築といった人間の暮らしのインターフェースとなるものをインタラクティブやロボット、センシング等で新たに生み出していこうと研究するラボ。彼らの新たなプロジェクトとして発表されたショートムービー「Fabricating Performance」。そのコンセプトは、デザインにおける相互交換のような作用なんだそう。

動画では、ダンサーの動きをマシンが追跡して、振り付けに沿って曲げられたCNC(訳注:コンピュータ数値制御)パイプが徐々に組み立てられていきます。そうしてパイプのオブジェクトが設置されると、彼女の振り付けにも影響を及ぼしているのがわかります。

このことをもっと抽象的に理解しようとすると、「人間は空間と相互に作用しあっていて、スタイルは空間を定義するということ、さらに空間のなかに新しいオブジェクトが入ってくると、人間はこれまでとは異なるように振る舞う」といえます。

研究チームは、このショートムービーで建築空間とダンスパフォーマンスの関係性を描写していて、これらふたつの異なるアートの関係性を分析することは新たな見識インスピレーションとなることを示唆しているようです。この動画は、ポルトガルの首都リスボンで今月開催された「Architecture InPlay Conference」でも紹介されました。

source: Laughing Squid

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)