土星の衛星・タイタンで宇宙人を見つける可能性は?

土星の衛星・タイタンで宇宙人を見つける可能性は? 1

ついに地球外生命体の発見に近づくか…?

土星の衛星であるタイタンは、地球に住む私たちからすればひどく寒い地獄のような光景が広がる場所に思えるでしょう。しかし、実はこの星、私たちの太陽系の中でもっともエイリアンが発見される可能性の高い場所の一つでもあるのです。というのも、最新の科学誌がタイタン地表の環境は生命が誕生するために必要な化学的性質に有利に働くということを示唆しているのです。

タイタンは私たちが知る中で唯一、地球以外に、川、そしてを地表に持つ世界でもあります。ただし、土星のリング奥深くを除いて、そこには水は無く、代わりにあるのはメタンです。そうであっても、タイタンの明らかに地球と似た状況は、宇宙生物学者たちの、低音かつ水無しの環境に適応できる生命体が果たして出現し得るのかどうか、という議論を呼び起こすのに十分なのでした。

しかし、タイタンに生命がいるのかという話をする前に、私たちはまずいったん立ち戻り、この星に特定の基本的な条件が揃っているのかどうか、ということをはっきりさせる必要があります。というのも、タイタンの華氏-290度(摂氏-179度)の気温ですら、生命の構成要素を形成するのに十分なエネルギーが確保されている必要があるのです。

「タイタンで何かしらが起こるためには、低音でも耐えられる化学的性質がある必要があります」と、コーネル大学の化学者であるMartin Rahm氏が米Gizmodoに語っています。先週発行された科学誌Proceedings of the National Academies of Sciences に掲載されたRahm氏の最新の研究では、かすかな太陽の光がおそらくタイタンの雲に覆われた大気を通って吸収されることにより発生するエネルギーのメカニズムを確認しています。

土星探査機カッシーニ(Cassini-Huygens)が持ち帰った鍵分子の一つによって、タイタンの大気はシアン化水素で構成されていることがわかりました。シアン化水素(HCN)とは、地球上の生物の先駆けとなった重要なものでもあるのです。先の研究では、タイタン地表にあるこのHCNが長連鎖もしくは複数のポリマーから成るポリイミンと呼ばれるものを形成することができると述べられています。そして現在、Rahm氏によるタイタンの環境に近しい状況を作り出す研究モデルによると、ポリイミンは太陽光を吸収するのに柔軟性があり、優れているということです。Rahm氏は以下のように語っています。

この物質の複数の異なる構造が、複数の異なる光の波長を吸収することがわかっています。そしてその中には、タイタンの地表まで到達する波長も含まれ、おそらくこれによってエネルギーが供給されるのでしょう。

コーネル大学の天文学者でもあり共著者でもあるJonathan Lunine氏は9年前に米国科学アカデミーのレポートでこう語っていました。「生命が科学反応性の中に内在する特性ならば、タイタンに生命は存在するはずです」そして次のように、とても興味深いことも付け加えています。「それは、タイタンの地表にあるポリマーを調査することに意味があります。そして、カッシーニによって行われるタイタン探査の中で、必ずや遂行されることでしょう」

どうやら、そろそろタイタンにエイリアンを捕獲しに行くときが来たようです。

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(SHIORI)