日産、自動運転技術を搭載した世界初のミニバン、新型セレナを発表

日産、自動運転技術を搭載した世界初のミニバン、新型セレナを発表 1

GT-Rではありませんでした。

日産自動車は、高速道路や自動車専用道路の同一車線で自動運転が可能な「プロパイロット機能」を搭載した新型セレナを、8月に発売開始すると発表しました。

アクセル、ブレーキ、ハンドルのすべてを自動で制御できるのは、国内自動車メーカーでは初とのこと。

しかし、同社はプロパイロット機能について「ミニバン世界初 同一車線自動運転技術」と謳いながらも、「ドライバーの運転操作を支援するためのシステムであり、自動運転システムではありません」と表現するなど、何とも歯切れの悪い感じ。

これは、先日不幸にも起きてしまった、Tesla MotorsのModel Sによる死亡事故、及びそれを受けて国土交通省が発表したお知らせが影響しているのかもしれません。

何せあのお固い省庁が、エクスクラメーションマークを2つ、つけるほどですからね。もしかしたら、最初から「自動運転」ではなく「運転アシスト」などのネーミングならよかったのかも、という気はします。

とはいえ、高速道路での長距離運転や渋滞時には強い味方となってくれる、新型セレナ。ファンならずとも注目したいところですね。

image by 日産

source: 日産 via 共同通信

(渡邊徹則)