また言っちゃった…。ドナルド・トランプ、ヒラリー・クリントンのメールをハッキングするよう、ロシアに呼びかけ

また言っちゃった…。ドナルド・トランプ、ヒラリー・クリントンのメールをハッキングするよう、ロシアに呼びかけ 1

もう何を言っても驚かなくなったけど、さすがに言い過ぎたかも。

次期アメリカ大統領の共和党候補であるドナルド・トランプは27日、「ロシアに(自身のライバルである)ヒラリー・クリントンのメールをハッキングして欲しい」という旨の発言をしました。

ロシアよ、聞こえるか。どうか失われた30,000通のメールを探しだしてくれ」というのが実際の発言。これは、民主党の候補者選びの最中、ヒラリーのライバルであったサンダース議員を撤退に追い込もうとした幹部のメールが、WikiLeaksに流出したことに関連しており、ハッキング元はロシアである可能性が高いといわれています。

ちなみに、トランプ自身はハッキングへの関与を否定。

発言の際に笑みも浮かべているため、ジョーク混じりだったことはたしかかもしれません。しかしいくら勝ちたいからといって、自国のセキュリティを脅かすことを奨励するとは、結構な失言です。

そこでやめときゃよかったのに、Twitterにまで投稿しちゃうし。

ロシアでもどこでも、ヒラリーの33,000通の消えたメールを持ってるヤツは、FBIに報告してくれ!

トランプのこの発言を受けて、ヒラリー陣営は早速、今回の発言は「アメリカの国防を脅かす、非常に重大な過失である」と発表しています。

image by image by Albert H. Teich / Shutterstock.com

source: The New York Times

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)