映画「死霊館3」のネタになりそうなウォーレン夫妻の心霊事件簿5選

次なる「死霊館」のテーマは?

まだまだシリーズ化してほしい!

世界中を恐怖のどん底に陥れている「死霊館 エンフィールド事件」は、史上最長のポルターガイスト現象と言われているエンフィールド事件を描きながらも、冒頭がアミティビル事件だったり、CGIの少ない恐怖表現が鳥肌モノだったり、ウォーレン夫妻の絆の深さも感じられたりと、ホラーの楽しさがてんこ盛りの作品です。

前作のアナベル人形と同様、本作に登場する修道女をもとにしたスピンオフ「The Nun(原題)」の製作も決定し、絶好調なシリーズですが、こうなると気になるのは「3」は製作されるのかどうか? そして製作されるのだとしたら、その題材は何か?

そこで今回はBloody Disgustingがピックアップした、「死霊館」シリーズの続編のネタになりそうな、ウォーレン夫妻の事件簿をご紹介します。

悪魔にとりつかれたアーン・シャイアン・ジョンソン

映画「死霊館3」のネタになりそうなウォーレン夫妻の心霊事件簿5選 1
悪魔が殺した?

アーン・シャイアン・ジョンソンは、アメリカで初めて「悪魔にとり憑かれた」ことを理由に無罪を主張しました。

1981年、コネチカット州でジョンソンは家主のアラン・ボノを殺害。彼は11歳の少年にとり憑いていた悪魔が、ウォーレン夫妻によって除霊された数日後にジョンソンにのり移り、ボノを殺させたと主張しましたが、ジョンソンの主張は受け入れられず、5年間投獄されています。

コネチカット州の呪われた家

映画「死霊館3」のネタになりそうなウォーレン夫妻の心霊事件簿5選 2
ちょっと有名すぎる?

ジェームズ・ワン監督は、アミティビル事件はこれまでに何度も映画化されてきたため、あえて「死霊館」の続編ではメインの題材にはしないと語っていました。

そのためコネチカット州の元葬儀場の家も、すでに2009年に「エクトプラズム 怨霊の棲む家」のタイトルで映画化されているので、可能性としては低いかもしれません。しかし、ウォーレン夫妻によって「悪魔が憑いている」と断言したこの家を舞台にした物語も捨てがたいです。

呪われたスマール家

映画「死霊館3」のネタになりそうなウォーレン夫妻の心霊事件簿5選 3
悪魔に犯された?

1974年から1989年にかけて怪奇現象に見舞われたジャック&ジャネット・スマール夫妻。彼らは、臭いや音をはじめとするいくつもの怪奇現象を経験したと話しており、1986年にウォーレン夫妻に助けを求めました。

ウォーレン夫妻は、彼らの家が悪霊3体と悪魔に占領されていると判断。スマーフ夫妻はたびたび性暴力を受けることがあったそうですが、その原因は悪魔だったとされています。

このケースは、ロバート・マンデル監督の「ホーンテッド・ハウス」の題材にもなりました。

サウスエンドの狼男

映画「死霊館3」のネタになりそうなウォーレン夫妻の心霊事件簿5選 4
狼狂の男性?

「死霊館」シリーズに狼男というのは方向性がずいぶん異なる気もしますが、これも実際にウォーレン夫妻が関わったケース

80年代、イギリスのサウスエンド=オン=シーに住む大工のビル・ラムジーは、9歳の頃から腐敗臭、そして狼のような行動をとってしまうことに悩んでいました。成長とともに改善されることもなく、大人になっても突如として怪力になったり、発作的に凶暴化したりという現象に苛まれていました。

44歳になったラムジーは頻繁に我を忘れることに恐ろしくなり、自ら警察署を訪れて拘束するように頼みます。しかし、警察官との会話の最中に、突然「狼」のようになり、182センチ、90キロ近い警察官を襲ったのです。警官が6人がかりで押さえつけ、ビルは監房に収容されました

ビル・ラムジーの名前は世界的に有名になり、アメリカからウォーレン夫妻が調査に乗り出すことに。アメリカへ移動したビルは、悪魔に憑かれていると診断され、悪魔祓いがほどこされました。

ユニオン墓地の白い淑女

映画「死霊館3」のネタになりそうなウォーレン夫妻の心霊事件簿5選 5
白い淑女の目的は?

コネチカット州はイーストンにあるユニオン墓地は、アメリカで最も呪われているとされる墓地の1つ。白い淑女は白いドレス、もしくはナイトガウンに身を包んだ幽霊で、ウォーレン夫妻はこの幽霊と会ったと話しています。

白い淑女の目撃証言は世界各地にあり、イーストンに限らず、さまざまな場所で物語を展開させられそうなので、映画の題材に選ぶには良さそうです。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

source: Bloody Disgusting

中川真知子