アメリカで世界最大の「垂直農場」建設中

アメリカで世界最大の「垂直農場」建設中 1

農作物を育てる畑といえば、ふつうは横に広がるものです。が、それを積んで積んで積んで、に広げたのが「垂直農場」です。アメリカはニュージャージー州に建設中の、太陽も土も使わない室内の垂直畑は、完成すれば世界最大となります。

動画で紹介しているのは、世界最大の垂直農場を建設中AeroFarmが手がける、小規模な垂直畑。土の代わりに特殊な布を、太陽の代わりに専用のLEDライトを使っています。AeroFarmのシステムを使えば、通常の栽培で必要とする水を95%カットでき、栽培サイクルも半分になります。

地球にも優しく、まさに未来の栽培の形。そう言われると、いまだかつてない新しいテクノロジーに感じますが、そうでもないのです。LEDライトを使い室内で栽培する垂直農場は(植物工場など呼び方はあれこれですが)すでにあちこちでお試し採用されています。

先行する莫大な設備投資のわりに、栽培が予定通りいかず苦しむパターンもありますし、工場の規模もさまざまですが、まぁ昨日今日出てきたテクノロジーではありません。では、AeroFarmのニュージャージー工場で注目すべき点はどこかというと、そのサイズ。世界最大と言うだけあって、とにかくデカイ。元製鋼工場内、7万平方フィート(約6,500平方メートル)という敷地にびっしりと横にも縦にも広がる畑ができるのです。栽培がうまくいけば、年間200万ポンド(約900トン)ものレタスとその他あれこれが採れる予定。

未来の農家の形である垂直農場は、まだまだ初期段階。爆発的に広がるためには、成功例がいくつか必要です。ニュージャージーの大規模工場が成功すれば、大きく前進するわけで…。未来の食べ物は、さてどうなる。

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(そうこ)