ヒラリー・クリントン候補がゲームアプリをリリース。選挙事務所の家具を豪華にしていくハテナな仕様

ヒラリー・クリントン候補がゲームアプリをリリース。選挙事務所の家具を豪華にしていくハテナな仕様 1

ゲームなら何でもいいというわけでははないです。

選挙において、若者の関心を惹こう、若者票を獲得しようというのはどこの国も同じこと。共和党のドナルド・トランプ候補がポケモンGOをパロディにした対ヒラリー・クリントン広告をFacebookにポストしていましたが、民主党のヒラリー候補はゲームアプリで若者の気をひく作戦のようです。iOSにてゲームアプリ「Hillary 2016」をリリースしました。

Hilarry 2016は、対抗馬であるトランプ氏と直接バトル、なんて内容ではありません。ゲームの舞台となるのは、イス8脚、ランプ1つ、ソファ1つ、スタッフ0人のヒラリー運営陣本部。

日々「課題」にチャレンジし、クリアすると「スター」がもらえます。課題は選挙に関するもので、例えば、カレンダーを選挙キャンペーンに同期させるとか、「Trump or False」というクイズに答えるとか、ヒラリーへの指示を表明するといったもので、アクティブなヒラリー派ならば簡単なタスクです。

そして、スターを貯めると、ランプやイスを豪華なものにアップグレードできるというよくわからない仕様となっています。また、スターは家具アップグレードだけでなく、スペシャルキャンペーンアップデート情報(200スターで)、ヒラリー氏のサイン入りグッズプレゼント(325スター)なんてのも。

まぁ、正直つまらないゲーム…ですよねぇ。スターのアイテムも、「ヒルコイン」とか名前にヒネリが欲しかったし、運営本部も殺風景で寂しいイメージだし。若者=ゲームと、ちょっと単純に考え過ぎたのではないでしょうか。ゲームならなんでもいいのかよ、と。

選挙戦略てのは、難しいものねぇ。

source: iTunes

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(そうこ)