スマホを安くで手にいれるためなら、Amazonに魂を売れるか?

    スマホを安くで手にいれるためなら、Amazonに魂を売れるか? 1

    どこまでAmazonに染まれるか。

    米Amazonが、通常価格よりも50ドル(約5,100円)安くスマートフォンを手に入れることができるプラン「Prime Exclusive Phones」を発表しました。通常99.99ドルのBLU R1 HDが49.99ドルに、通常199.99ドルのMoto Gが149.99ドルになります。安さの秘密は…、広告表示

    ロック画面にターゲット広告が表示されるぶん、端末代が安くなります。AmazonがKindleで導入している広告アリ/ナシ版が、そのままスマートフォン界にもやってきたというわけです。

    ただKindleよりもキツイのは、スマートフォンのロック画面はKindleよりも目にする機会が多いことでしょうね。1日に何度スマホをアンロックするか、その回数がそのまま広告を見る回数になります。これが、値引き分の50ドルに見合うと考えるかどうか…という話。

    近年スマートフォン業界で、安価モデルはハイエンドモデルとのギャップを埋めるため奮闘しており、人気もあがっているといいます。Wiredは、今回プランにある2端末は、Amazonのベストセラーランキングにも登場するものだとその人気ぶりを指摘。人気端末が50ドル浮くのならば、広告を流し見ることなんてたいしたことないだろうという作戦ですね。

    安さのためにどこまでAmazonに染まれるかという話です。魂を売るとは大げさな言い方ですかね…、ですか、ね?

    image via Amazon

    source: Amazon

    William Turton - Gizmodo US[原文

    (そうこ)