あふれる広告、情報の洪水。主要6都市を「世界東京化計画」でトーキョーライズ

世界東京化計画

トーキョーのエレメント。

眠らない町、東京。煌々ときらめく看板や視界を埋める広告文字群は、よくもわるくも東京のひとつのカラーです。

では、もし世界の主要な都市が東京化したらどんな風景になるのか? デザイナーの石井大五さんが「世界東京化計画(Worldwide Tokyo-lization Project)」と題した作品を公開しています。

Spoon & Tamagoに掲載された画像の数々をご覧ください。なお、トップ画像はニューヨークをトーキョーライズしたものです。

あふれる広告、情報の洪水。主要6都市を「世界東京化計画」でトーキョーライズ 1

こちらはコペンハーゲンのトーキョーライズ。完全に飲み屋街です。

あふれる広告、情報の洪水。主要6都市を「世界東京化計画」でトーキョーライズ 2

ブエノスアイレスのトーキョーライズ。竹下通りっぽい?

あふれる広告、情報の洪水。主要6都市を「世界東京化計画」でトーキョーライズ 3

ボリビアの首都ラパスもトーキョーライズ。柵や電線はもはや当たり前すぎる風景です。

あふれる広告、情報の洪水。主要6都市を「世界東京化計画」でトーキョーライズ 4

パリのシャン・ド・マルス公園も、お花見会場風にトーキョーライズ。エッフェル塔もカラーチェンジ。

あふれる広告、情報の洪水。主要6都市を「世界東京化計画」でトーキョーライズ 5

最後はヴェネツィアを江戸前にトーキョーライズ。三社大権現と書かれたのぼりや並んだテキ屋はまるで浅草寺のよう。

これらのビデオ作品は、2016年5月28日(土)~11月27日(日)にかけてイタリアで開催されるヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展にて展示されています。公式サイトよると「ローカリティのアイディアを探り、異なる環境の要素が介入することでのその都市のもつイメージを問うための試み。」とのこと。

記号化された要素を加えるだけで、いとも簡単に都市のカラーは変わるものですね。一方で東京から広告を消し去ってみたという作品もあり、東京がいかに広告都市であるかがズッシリきます。

source: Spoon & Tamago, designboom magazine, nicolasdamiens, La Biennale di Venezia

ヤマダユウス型