セルフィー大好きユーザー、肌荒れやシワが増える危険?

セルフィー大好きユーザー、肌荒れやシワが増える危険? 1

なにごとも、ほどほどがよろしいということで…。

みんなみんな私の顔を見てみてと、セルフィー(自撮り)しまくっては公開してくれる人が、スマートフォンの普及で一気に増えました。いちいち人に撮影を頼まなくてもよいように、セルカ棒なる自撮り専用キットがブームになったことも。

でも、あまりうれしそうにスマホの画面を自分の顔に向けてはセルフィーばかりしていると、自慢の美肌にトンデモないダメージがおよんでしまっているやもしれません。セルフィーのしすぎが原因で、肌荒れシワが増えて、顔の老化が加速する危険性はなきにしもあらずなんだとか!

たくさん自撮り写真を撮影してブログへ公開している人は、注意したほうがよい。(スマートフォンの)スクリーンから発せられるブルーライトが、損傷をもたらす可能性があるからだ。

英Linia Skin Clinicでメディカルディレクターを務めるSimon Zoakei氏は、このように警告しています。日焼け止めクリームを塗っても防げない、スマートフォンの液晶画面から出るブルーライトは、肌の深部にまで達して皮膚にダメージを与えるとされています。

その証拠に、頬の肌の荒れ具合を、顔の右側と左側で比較するだけで、どちらの手でスマートフォンを耳に当てて通話しているか、医師は正確に言い当てられると紹介されていますね。

こうした一連の警告メッセージは、すべて美肌クリニックの関係者から出されてもいるため、やや宣伝の意味合いがあったりするかもしれません。

また、単にブルーライトが原因なだけではなく、古くから指摘されてきた携帯電話の発する電磁波が身体におよぼす影響とも関連性があるようです。実際にセルフィーが原因で老化が加速した臨床事例が紹介されているわけでもないので、ややセンセーショナルな発表でもあるでしょうか~。

ただし、毎日毎日、何枚もの自撮り写真をアップして公開してきた人にとっては、穏やかならぬ指摘でもあるでしょう。顔にスマホの明るい画面を近づけまくるのだけは、控えめにしておくのに越したことはないかもしれませんよね。

source: First Post

(湯木進悟)