「Pokemon GO」のユーザー、ポケモンではなく死体を見つける

「Pokemon GO」のユーザー、ポケモンではなく死体を見つける 1

現実はVRより奇なり。

すでに爆発的な人気を見せている無料アプリゲーム「Pokemon GO」。ユーザーがあっちへこっちへと実際に移動しながら、AR上でポケモンを探す仕組みですが、まさかポケモンを探していたら死体を発見してしまうとは…。

死体が発見されたのは、アメリカはワイオミング州。発見者はShayla Wigginsさん、19歳。現地時間で7月8日金曜日、Wigginsさんは、リリースされるやいなや始めたPokemon GOをやりこもうと、家の裏手にある川に向かいました。ポケモンいないかなーと川辺を歩いていると、見つけたのはポケモンではなく、うつぶせで川の中に倒れている男性。すぐさま警察に通報。警察が男性の死亡を確認、事故死だったということです。

Wigginsさんは、ネタ元のCNNに「Pokemon GOをしてなかったら、あの場所には行ってなかった」と語っていて、まさにポケモンが解決した事件ともいえそうです。トラウマになりそうなもんですが、Wigginsさんは、今後もPokemon GOを続けるということです。ゲーマー魂だね。

image by ThomasDeco / Shutterstock.com

source: CNN

(そうこ)