「消える」Snapchatが「保存」できるように

「消える」Snapchatが「保存」できるように 1

Snapchatに「メッセージを保存できる」機能、Memoriesが導入されました。

Snapchatは、日本でいうLINEのようなメッセージングアプリですが、その最大の特徴が「見るとメッセージが消える」という点。この逆転の発想が気軽さを生み、アメリカのティーンのハートをわしづかみにしました。

具体的な操作方法は、保存したいスナップ上で「Memories」ボタンをタップし、見返したい時に画面を上にスワイプすることで一覧表示されます。キーワードや日付による検索も可能とのこと。

Snapchatの最大の特徴は消えてしまうことでしたが、しかし実際のところは、多くのユーザーが残しておきたい写真はスマホのキャプチャ機能で保存しているといわれています。

サービス開始以来、かたくなにその特徴を守ってきたSnapchatでしたが、2013年には24時間消えないストーリー」機能を導入するなど、徐々にその掟を緩和しつつありました。

そしてここに来て、ついにアプリ内に半永久的に保存できる機能が追加されたことは、同サービスにとってかなり大きな方向転換といってよいでしょう。

もしかしたら、ユーザーの高齢化も影響しているのかもしれませんが、はたして、若者はこのまま使い続けてくれるのでしょうか。

image by Global Panorama via Flickr

source: Snapchat

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)