Photoshopとストックフォトのみで蘇る、失われた名画たち

Adobeが4人のデジタルアーティストに依頼したプロジェクトは、失われた絵画を復活させるというもの。火事や盗難で、この世(表舞台)から消えてしまった名画…。これを、残された画像を参考に復活させるのですが、そこはAdobeのプロジェクトですから、筆と絵の具で再現するわけはありません。復活に使われたのは、なんとストックフォト素材のみ。編集はPhotoshopです。

以下は、4作品の作成風景タイムラプス動画。ストックフォトの使い方の参考にもなります。個人的に好きなのは2つ目のフリーダ・カーロのリクリエーションです。特徴的な眉毛も、ほらこの通り。

レンブラントの「The Storm on the Sea of Galilee」

デジタルアーティスト:Ankur Patarさん。

フリーダ・カーロの「The Wounded Table」

デジタルアーティスト:Karla Cordovaさん。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの「聖マタイと天使」

デジタルアーティスト:Jean‐Charles Debroizeさん。

カール・フリードリッヒ・シンケルの「Cathedral Towering over a Town」

デジタルアーティスト:Mike Campauさん。

source: YouTube via PetaPixel

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)