Instagramの新フィードのせいで僕の生活めちゃくちゃだ

    Instagramの新フィードのせいで僕の生活めちゃくちゃだ 1

    Instagramのフィードが従来の時系列のものから、独自アルゴリズムにより興味を引く写真がトップに来る方式に変わりました。でも、米GizmodoのWilliam Turtonはこれがお気に召さないようです。

    以下、彼の言い分です。

    * * *

    誰かほかにも、自然の秩序が真逆になったって思ってる人いない? 僕はそう思っているんだ。理由はInstagramが時系列に沿った写真の並びから、アルゴリズムで並び替えられたフィードに変えたから。この数日でみんなもこの変化に気付いたかもしれない。そしてこれが頭ん中をめちゃくちゃにしてくれたことにも気づいたかもね。

    これはInstagramが2012年に10億ドル(今のレートで約1018億円)でFacebookに買収されてから初の大きな変化だが、まったく酷くやってくれたもんだ。Facebookでアルゴリズムフィードが使われるのは理に適っている。なぜなら、Facebookでの「社会規範」は、自分が見たくないようなバカみたいな投稿をする人々と強制的にトモダチにならなきゃいけない、というものだからだ。そこでアルゴリズムの出番となり、ここではちゃんと機能する! でもInstagramでは、自分のフィードは僕が自分でもうキュレートしているんだ。自分がフォローしている人による投稿はすべて見たいんだ。正しい順番で。

    3月にこの変更をブログで発表したInstagramは「人々は平均で70%ものフィードを見逃しているということにあなたは驚くでしょう」なんて言っていた。「つまり、あなたは一番気にする人の投稿を見ないことが多いということなのです」なんて書かれているが、信じてほしい。僕はこれまでどの投稿も見逃さなかった、でも今では確実に見逃している。

    Instagramの素晴らしいところの一つは、時系列のフィードにあった。友達が今何をやっているのか簡単にわかった。プールで遊んでる? いいじゃんか。いい犬を見かけた? いけてるじゃん。ハイキングで山頂に? その景色を見せてよ。

    自分のフィードを下にスクロールしていけば、すべてが意味を成した。今見ている写真の次に見るのは、ひとつ前に投稿された写真だ。時系列フィードはそれぞれの写真の関連性を理解するためのコンテキストを提供してくれていた。Instagramを昼休みに見ることは、かつて新鮮で充実したひと時を僕に与えてくれた、でも今ではそれが髪を引きちぎってスマホを壁に投げつけたくさせる。「まるで自分のフィードに裏切られた感じだ」と友達が僕に語ったが、まさにそのとおり、裏切りだよ。

    脳みそをオフにして自分の好きな人の投稿するクールな写真を消費する代わりに、僕の脳みそは選択の余地なく勝手にそれぞれの写真を時系列順に並べようとする。なぜ日の出の写真が、同日の日の入りの写真よりも先に表示されてるんだ? まったく意味を成していないじゃないか! Instagramはこれまで長きにわたって最高のソーシャルネットワークだった。それなのにベイ・エリアの誰かがいじってアルゴリズムを入れたりなんかしたわけだ。すぐにドーパミンを出したい時に唯一信頼できた方法が、今ではそうしようとしてフラストレーションの溜まる体験になってしまったんだ。

    少なくとも、Instagramはこのアルゴリズムの作り出す地獄絵図をオフにするオプションを提供して、僕らがよく知り、愛した、そして神の意図でもある「時系列フィード」に戻すべきだ。

    * * *

    米GizmodoのTurtonにとってInstagramはなくてはならないものだったようですね。でもTurtonのようなInstagramをフルに活用していたユーザではなく、Instagramの言う「人々は平均で70%ものフィードを見逃している」の平均的なユーザーからしてみると、今回の変更はプラスだったのかマイナスだったのか。

    皆さんどう思われますか?

    William Turton - Gizmodo US[原文

    (abcxyz)