アリの大群のように襲いかかる、韓国産ゾンビ映画「釜山行き」予告編

釜山行き

ソウルから釜山まで453km! 逃げ切れるのか――

ティザー映像が公開されるやいなや、韓国版「ワールド・ウォー・Z」と呼ばれ、公開が待ち望まれている映画「釜山行き(英題:Train To Busan)」の予告編が公開されました。

こちらはCrashTFHがアップしたもの。以下はあらすじです。

未知のウィルスが全国的に広がり、人々が続々ゾンビ化するなか、韓国の高速鉄道の乗客たちは唯一安全と言われる釜山へと向かうが――

ゾンビが全速力で追いかけてくる中、幼い子供や妊婦を守りつつ、安息の地へたどり着くことはできるのでしょうか? 韓国は銃規制があるため、銃ではなく物理攻撃でゾンビと戦うシーンが多そうです。

韓国映画特有の過激な描写や展開のアップダウンの激しさ、エモーショナルなシーンの多さ、そしてエンターテインメント性の高さが、ゾンビ映画の中でどのように盛り込まれているのか、気になります。

釜山行き

映画「釜山行き」は韓国で7月20日より公開予定。

Image by 부산행

source: YouTube1, 2, via Bloody Disgusting, 부산행

中川真知子