TwitterがNBAのオリジナルコンテンツを独占配信。テレビもSNSで見る時代に

TwitterがNBAのオリジナルコンテンツを独占配信。テレビもSNSで見る時代に 1

Twitterでしか見られないNBAがそこにある。

アメリカのプロバスケットボールリーグNBATwitterでのライブ配信に意欲的に取り組んでいます。と言っても、メインであるバスケの試合を配信するわけではありません。次のNBAシーズン(16-17)から、試合の前番組をTwitterで独占配信することが発表されました。

NBAとTwitterのタッグで、配信が発表されたのは2つの番組(動画コンテンツ)。うち1つが試合の前番組でチームや選手の解説、今までの試合のハイライトなどが主な内容になります。スポーツ中継を行なう各局は独自の番組を作って放送していますが、今回Twitterで配信されるのももちろんTwitter限定の番組。スタートはシーズン頭頃で、配信ペースは週1回を予定していますが、曜日や時間などの詳細はまだ明らかになっていません。また、もう1つの番組の詳細もまだわからないままです。

Twitter側もNBA側も新たなユーザー/ファン層を獲得したい考えで、NBA委員のAdam Silver氏は「テクノロジーによって、ファンがよりゲームに近づくのを見てきた。10年前じゃ考えられなかったことだ」とコメントし、今回の取り組みに期待を寄せています。NBAは2240万ものフォロワーを持つ、スポーツ界ではトップクラスのTwitterアカウントであり、ここが成功するか否かが、今後のオリジナル配信を大きく左右することになりそう…。また、Twitterはメジャーリーグサッカーとも、配信番組について相談中だという噂もあります。

Facebook Liveといい今回のTwitterの動きといい、動画コンテンツにみなさんかなり力いれていますね。完全にテレビはテレビだけのものじゃなくなりました。

image: Ellica / Shutterstock.com

source: USA Today

(そうこ)