さらば、Windows Phone? またもやMicrosoftが大量解雇へ

さらば、Windows Phone? またもやMicrosoftが大量解雇へ 1

もうiPhoneとAndroidの邪魔はしません…。

Windows Phoneを使っている人って、どれくらいおられるのでしょうか? 世界をiPhoneとAndroidスマートフォンで二分するなんてつまらない。いまやデスクトップのWindowsとも、もっとも親和性のよい「Windows 10 Mobile」が出そろったことですし、これからWindows Phoneの真の巻き返しが始まるのさ~。

そんな反撃の狼煙が上がったのかと思いきや、このほどMicrosoftが、新たに年内に2,850名の人員整理を進める方針が、米証券取引委員会(SEC)に提出された書類から明らかになりましたよ。すでにMicrosoftは、2015年中に7,800名のレイオフを実施。今年5月には、Nokiaから買収したスマートフォン事業に従事していた1,850名への解雇通告を実施したばかりでした。

実は今回追加でレイオフされることになった2,850名も、その大半が同社のスマートフォンハードウェア事業に携わっていた人たちなんだとか。これによって、Microsoftが2014年4月に買収し、お馴染みの「Lumia」ブランドを継承しつつ、NokiaのスマートフォンをWindows Phoneとして華々しく復活成長させるビジョンは、ほぼ完全に潰えたことになるとの報道まで流れていますね。

Microsoftの前CEOのSteve Ballmerは、72億ドルを投じる巨額買収に打って出ても、Windows Phoneを成功させたい強い意志を持っていたとされています。しかしながら、現CEOのSatya Nadella氏は、バッサバッサとWindows Phone関連のハードウェア事業を切り崩し、ついに今回の大量解雇によって、まるで同事業には終止符が打たれてしまったような形でしょうか。

ちなみに、Microsoftがモバイル分野への興味を失ってしまったという評価は正しいものではありません。このところ、同社はWindows Phone向けではなく、iOSやAndroid向けに、続々とアプリを発表して進出する姿勢を見せてもいます。優れたiOSアプリの「Acompli」メールアプリや、カレンダーアプリの「Sunrise」を買収し、モバイル版のOutlookに取り入れる工夫なども行なってきました。これからはアプリ分野で、すでに二極化が定まったiPhoneとAndroidスマートフォンの市場へ攻め込んでいくのかもしれませんよね。

source: Recode

Eve Peyser - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)