モンスター級…! 漁師が幸運のお守りとしてベッドの下に隠していた真珠が100億円の価値

モンスター級…! 迷信深い漁師がベッドの下に隠していた真珠が100億円の価値

この漁師に幸はあったんでしょうか。

フィリピン・パラワン島のプエルト・プリンセサ市の職員によると、地元の漁師が観光局に持ちこんだ真珠がモンスター級で度肝を抜くレベルだったそうです。その大きさ70センチ、34キロ! 同じくパラワン島で見つかった現在ギネス世界最大の記録を持つ「老子の真珠」と呼ばれる6.4キロの真珠を大きく上回る記録になりそうです。

The Daily Mailによると漁師は、この巨大真珠を幸運のお守りとして大事にベッドの下に保管していたとのこと。観光局に見せたところ、すんごい! と大騒ぎに。

Facebookへの投稿にも書いてありますが、同市は現在、天然真珠かどうかを鑑定中だそうです。天然真珠は珍しいもので炭酸カルシウムによって作られます。これだけ巨大な真珠を作った貝ならば、230キロ近いかもしれません。鑑定結果が楽しみですね。それにしても100億円の価値とは。この漁師さん、今どんな気持ちなんでしょうか。

image by Aileen Cynthia Maggay-Amurao

Source: Daily MailBBC

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(リョウコ)