ヒット映画に隠されたサブリミナルメッセージ10選

実はサブリミナルメッセージが入っている映画

「シャイニング」のホテルにも隠された意味が!

どの映画にも何かしらのメッセージは込められていますが、中には主張していなくとも実は……というような隠されたメッセージが入れられている場合もあるようです。

そこで今回は、Screen Rantがまとめた、すぐに確認したくなるヒット映画のサブリミナルメッセージをご紹介します。一部作品のネタバレがありますので、ご注意ください。

概要は以下のとおりです。

「スター・ウォーズ」

言葉にしていようといまいと、「選ばれし者」が登場する作品はイエス・キリストの物語がベースになっていると言っていい場合がほとんどですが、「スター・ウォーズ」はキリストの教えをより作品に取り入れているようです。

アナキン・スカイウォーカーは七つの大罪のうち、高慢(Pride)と憤怒(wrath)の罪を犯し、結果的にダークサイドにおちていきます。

一方、ルークはダースベイダーとなった父親の良心を信じ続け、その心が最終的にアナキンに通じ、彼は身をていして息子の命を守ります。ルークの強い信頼と許す心が、自身だけでなく父親の不朽の魂を救ったのです。

「ディパーテッド」

登場人物が次々と死ぬ本作ですが、実は次に死ぬ人物を予言するマークがこっそりと画面に現れていました。

スコセッシ監督は全編にわたって殺されるキャラクターの背後にXマークを表示。具体的に誰とは言いませんが、最後まで生き残ったキャラクターにはこのXマークが出ていません。

「シャイニング」

スタンリー・キューブリック監督の傑作ホラーには、ヨーロッパ人がアメリカ原住民を迫害した歴史のメッセージが込められているようです。

ホテルに巣くう悪霊の正体がアメリカ原住民の怨霊というのは、支配人がジャックに「ホテルはネイティブ・アメリカンの聖地であり、その墓地の上に建っている」と説明していること、ホテルのいたるところにネイティブ・アメリカンのアイテムが飾られていることから推測できます。

エレベーターから押し寄せる大量の血は、殺されてホテルの下に埋められたネイティブ・アメリカンのもので、ジャックが遭遇する幽霊がほぼ白人なのも、白人に強い恨みを持つネイティブ・アメリカンの怨霊が殺したものだからと考えられます。

また、最後のジャックが写る写真が1921年7月4日は、ヨーロッパ人がネイティブ・アメリカンから土地を奪ったアメリカの独立記念日です。

「オズの魔法使」

ライマン・フランク・ボームの児童文学小説を原作とした「オズの魔法使」は、竜巻によってエメラルドの国に飛ばされてしまったドロシーと愛犬のトトがブリキのきこりや臆病なライオン、かかしと出会い、ともにオズの魔法使いのもとへ向かうファンタジー。

しかし、万能のはずのオズの魔法使いは偽物で、ドロシーの願いをかなえることはありません。この展開を通して、真の強さは自らの内に秘められており、神から与えられるものではないということを伝えています。

そのため、80年代半ばにはテネシー州のクリスチャン原理主義者が「オズの魔法使」の本を学校のカリキュラムから排除するようにと抗議のデモが行われました。

「X-MEN」

人間とミュータントの争いを描いた本作(原作のコミックスも)は、現実社会のマジョリティグループとマイノリティーグループ、中でもLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった総称)との関係を表現していると言われています。

たとえば、ミュータントが「カミングアウト」し、それを知った両親が戸惑い、恐れ、時に怒りなどの感情を持つといった問題、また、思春期に目覚めた能力を恥じて隠そうとウソをつく若きミュータントの姿は、自分の性に悩む若者と重なるのです。

きわめつけが、人間でミュータント排斥運動の活動家のウィリアム・ストライカーの存在。彼は息子がミュータントとして生まれたことを知ると、生後間もない息子と母親を殺してしまいます

「エイリアン2」

ジェームズ・キャメロン監督の本作を一言で表現するなら、宇宙版ベトナム戦争です。ベトナム戦争では、政府によってベトナムに送られた武装海軍が最初のうちは意気揚々としていたものの、じょじょに言い知れぬ恐怖を味わうこととなりましたが、それは本作のストーリーにそのまま使われています。

戦争の映像がお茶の間で流れていたことから「テレビ戦争」とも呼ばれるベトナム戦争は、思慮不足な政府が原因で大量の負傷者がでたことでも有名で、ここも映画のラストと重なっているのです。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」

「ハリー・ポッター」シリーズのサブリミナルメッセージは新約聖書からと考えられています。

たとえば、ハリーは幼い頃に選ばれし者と定められ、「死の秘宝PART2」ではヴォルデモートを倒すのは自分しかいないと確信しています。彼は仲間を助けるために自らの命を犠牲にし、天国らしき場所にいって賢者と会話を交わし、元の世界によみがえるのです。

これは人々を守るために己を犠牲にしてはりつけにされ、3日後によみがえったイエス・キリストの流れと同じと感じられます。

「マトリックス リローデッド」

作品に登場するアウディのナンバーが「IS5416」ですが、これは聖書イザヤ書54章16節「見よ、わたしは職人を創造した。彼は炭火をおこし、仕事のために道具を作る。わたしは破壊する者も創造してそれを破壊させる」を意味しているようです。

「トルーマン・ショー」

ひとりの男の人生を24時間生放送中継する「トゥルーマンショー」は、単なるリアリティー番組とのぞき見趣味のひとたちの映画ではなく、自由意志とGOD'S Plan(神の計画)について描かれています。

私たちが信じているものは必ずしも真実ではない、そして人の人生を操作する「トルーマン・ショー」の神は単なる舞台裏の立役者でしかないというメッセージが込められていると考えられるのです。

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」

キャプテン・アメリカと第二次世界大戦当時から活動してきた秘密組織ヒドラとの戦いを描いた本作のインスピレーションとなったのが、秘密結社イルミナティの存在。

多くの人々が、イルミナティが戦後のナチズムに関係があるだけでなく、ひそかに全てをたくみに操る最強の人間を作ろうとしていたと信じています。また、マインドコントロールの戦略すら導入していたという説も。

作中のアレクサンダー・ピアースの、「古い世界をつぶしてよりよい世界を作り上げる」というセリフは、新世界秩序の樹立を意味していると考えられるのです。

image by YouTube
source: YouTube

中川真知子