マジで悪魔サタンを崇拝しているヘヴィメタル・バンド10選

悪魔サタンを崇拝しているヘヴィメタル・バンド

クリスチャンメタルとは対極にいるバンドDeath。

自分はヘヴィメタルが好きだと明かした時、「それって悪魔の音楽じゃないの?」「それってあなたも悪魔崇拝者だってこと?」という反応をする人々がいますが、あながち彼らは間違ってはいないんです。

なぜなら、この世界にはマジで悪魔サタンを崇拝しているヘヴィメタルバンドが無数に存在します。そこで今回はLoudwireがまとめた10のバンドを見てみましょう。

ヴァーテイン

フロントマンのエリック・ダニエルソンいわく、彼らは(サタニズムの信仰で)個人的な活動を行っているサタニストだと言っています。

ベヒーモス

ネルガルは「俺の中にはサタンがいる。血管の中を往来し、音楽の中に流れているのだ」と公言しています。ちなみにネルガルのメイクは、美容業界にコープス・ペイントを広めようとするオランダの美少女が再現していました。

ゴルゴロス

メンバーのインフェルナスの話では、彼らの所業はサタンが礎となっているのだそうです。

メイヘム

リーダーのユーロニモスは生前、「俺はツノの生えた悪魔とサタンが身近な存在であると信じている。俺の意見では、その他のサタニズムはすべてニセモノだ」と言っていました。なお、彼は連続教会放火犯ヴァルグ・ヴィーケネスに刺殺されています。

ディーサイド

リーダーのグレン・ベントンは「サタニズムは精神的な君主とつながっていて、その彼を喜ばせることができるんだ」とコメントしています。

ダーク・フューネラル

リーダーのロード・アーリマンは「俺はエリート主義者で保守的なサタニストだ。だから宗教とキリスト教徒についての俺の意見は明白なんだろうな」とやや客観的な意見を述べています。

ディセクション

「自分自身がサタニストであることから、サタニズムに関するすべての真剣な行いをリスペクトする」と結成時からのメンバーであるジョン・ノトヴェイトは語っています。

マーダック

ギターのモルガンは、「サタンへの信仰と献身こそが、オマエをブラック・メタルたらしめるのだ」と説いています。

イーサーン

バンド、エンペラーの中心人物でもあり、ソロでも活動している彼は「個人の強靭さと知性と力強さ、それらは基本的に俺のサタニズムの背景にある精神性なんだ」という信念を持っています。

ヴァイタル・リメインズ

リズムギターのトニー・ラザーロは「ブルータルな音楽と俺の悪魔の刻印を残すためのサタニズムは、俺の人生であり、存在する理由なんだ」と個人的な見解を述べています。

***

サタニズムにもいろいろあり、例えば、Wikipediaによると悪魔教会は「無神論をベースにして、神に頼らずにちゃんと人としての生き方を全うしなさい」という教えを説いており、彼らの「地上におけるサタニストの11のルール」は地に足がついているという印象も受けます。

そういったことを踏まえると、上記の人たちは真面目な人間である可能性も……?

source: YouTube, Wikipedia

岡本玄介