違法ファイル共有サイト、閉鎖後1日で早くもミラーサイトが登場

違法ファイル共有サイト、閉鎖後1日で早くもミラーサイトが登場 1

この仕事力を他に活かせばいいのに…。

世界最大級のファイル共有サイトの1つ、Kickass Torrents(KAT)の管理人であるArtem Vaulinが先日逮捕され、サイトは閉鎖されました。が、何と24時間も経たないうちにミラーサイトが登場しました。

KATは、BitTorrentと呼ばれるP2P技術を用いたサイトの1つですが、ミラーサイトを作ったのも、同様の技術を用い2013年に閉鎖されたサイト、isoHuntのメンバーです。

Venture Beatによると、KATのミラーサイトにあるファイルは1年半分ほどで完全ではなく、リンクこそはあれ、掲示板機能は使えなくなっているようです。

違法ファイル共有サイト、閉鎖後1日で早くもミラーサイトが登場 2

isoHuntがミラーサイトを作ったのは、これがはじめてではありません。彼らは2014年12月、当時スウェーデン警察が強制捜査に踏み切ったPirate Bayのミラーサイトも作っていました。その際は完璧なコピーだった上、新たなファイルまで蓄えていたのです。

今回のKATのミラーサイトについて、isoHuntは「いつまであるかわからないけど、ないよりはマシだろ」などと語っています。

また現在、オンライン署名サイトのChange.orgにて、Artem Vaulin釈放を願う署名活動が行なわれています。可能性は低そうですが、もし30日以内に10万人を超える署名が集まれば、アメリカ政府から何らかの公式アナウンスが出る可能性があるとのこと。

署名はもちろん自由ですが、違法ファイル共有に賛成とも取られかねませんので、判断は慎重にすべきですね。

image by rjp via Flickr

source: Venture Beat

Michael Nunez - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)