2017年の新型iPhoneは3モデル? カーブディスプレイの高級モデルが登場か

お、お安くお願いします…。

iPhone 6から始まったノーマルモデルと「Plus」の、2モデルのラインナップ。片手での操作はちょっと大変かな、と思う大型なPlusのほうも人気なようです。

そして、今年の次期iPhone(通称:iPhone 7)には、さらに上位の「Pro」モデルが登場するというがありましたが、結局2モデルに収束したとの予想で落ち着いたよう。

しかし、今回Nikkei Asian Reviewの報道によれば、Apple(アップル)は2017年の新型iPhoneに5.5インチ以上の両サイドがカーブした有機ELディスプレイを搭載するというのです。

価格は、この新型iPhoneのフラッグシップモデルは現行のiPhone 6sの649ドル(約6万5000円)、iPhone 6s Plusの749ドル(約7万5000円)より、さらに高くなると報じられています。従来モデルの値付けを参照にすれば、849ドル(約8万5000円)ほどでしょうか…。

そして、カーブディスプレイを搭載したハイエンドモデルを投入と聞くと、思わずSamsung(サムスン)のスマートフォン「Galaxy Edgeシリーズ」を思い出してしまいます。Galaxy S7 Edgeは日本でも売れ行きが好調と伝えられていますが、AppleはGalaxy Edgeの後追いをすることになるのでしょうか…。Appleファンとしてはちょっと寂しい気もしますが、これも商売ですからね。仕方ないです。

このように大幅なアップグレードが噂される2017年の新型iPhone。ですが、その前に、きたるiPhone 7を忘れてはいけませんね。

source: Nikkei Asian Review via 9to5Mac

(塚本直樹)