2万ワットのハロゲン電球の威力ってどんなもん? 一般家庭で試してみた

2万ワットのハロゲン電球の威力ってどんなもん? 一般家庭で試してみた 1

答え)太陽拳ばりのまぶしさ。

私たちの日常生活には縁がなさそうですが、大規模な映画のセットには2万ワットのハロゲン電球が使われることがあるそうです。もしそれを一般的なおうちの中で灯してみたらどんな感じなのか?という実験をYouTubeチャンネル「Photonicinduction」が公開しています。題して、「20,000 Watt Light Bulb Test」。もうそのまんまですね。

少しずつとワット数をあげてみると明るさも増していき、1万ワットを超えるころには部屋の中が白い光で満たされるほどに。室温もだいぶ上がっているようです。そして2万ワットに達すると、画面の中は真っ白になりました。白飛びしまくった写真のようです。実験の全貌はこちらからご覧になれます。

ちなみに屋外でも実験をしているのですが、日が暮れているのに真っ昼間でもありえないほど強烈な明るさに…。いい近所迷惑ですが、威力のほどがわかりますね。

Photonicinductionは電気技師が電気系のイカれた実験を行なうチャンネルで、ちょっと前には「もしも人体に10万ボルトを浴びせたら…なシミュレーション」なんて実験を公開しています。下の動画は危険な実験の数々がテンコ盛りの同チャンネルのトレイラ―。くれぐれもマネしちゃダメですよ!

source: Photonicinduction - YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(たもり)