高度7600mからパラシュート無しでフリーフォール、でもスカイダイバーが死ななかった理由

    高度7600mからパラシュート無しでフリーフォール、でもスカイダイバーが死ななかった理由 1

    素手で受け止められる卵のように、着地。

    スカイダイビングってちょっとだけやってみたいんですけど、実際やるとなったら怖いですよね。パラシュートが開かなかったらどうしようとか…なんて思っていたら、パラシュートを着けないで、飛行機からフリーフォールしちゃう人も世の中にはいるみたいです。Luke Aikinsさんは、高度2万5000フィート(約7600m)から飛び降り、しかも無傷でいられたそうなんです。

    7月30日、AikinsさんはGPSとカメラ、通信機器、そして酸素マスクだけを身に着けて飛び立ちました。ちなみに酸素マスクは高度1万8000フィート(約5500m)あたりで、パラシュートを着けたアシスタントに手渡されました。Aikinsさんにはパラシュートもウィングスーツも何もありませんでしたが、2分間ほどのフリーフォールの後、1万平方フィート(約930平方メートル≒バスケットボールのコートふたつ分よりちょっと大きいくらい)もあるネットの上に無事着地しました。

    E!Onlineによると、Aikinsさんはネットから這い出すと「ほとんど浮いているみたいだ。信じられない、今起きたことが」とコメントしました。「言いたい言葉が、口から出てこないくらいだよ」と。

    なんかすごく気持ちよさそうでうらやましいんですが、もちろん誰もができることではありません。Aikinsさんは現在42歳ですが、これまで1万8000回もスカイダイビングの経験があり、Felix Baumgartnerさんの2012年の超音速フリーフォールのコンサルタントも務めていました。さらに今回のフリーフォールに向けては2年間のトレーニングを積んでいましたが、それまで少なからず躊躇はあったそうです。

    「あらゆる普通の、正気の人と同じように、私は思いました。『サンキュー、でもノー・サンキュー。妻も息子もいるし、人生があるんだ』とね」と彼はPeople Magazineで語っています。「ただそれから2週間経っても、何度も夜中に目が覚めては思ったんだ。『もし誰かにやるべきだと言われたら、どうすればできるだろう?』と。」

    で、どうやってできたんでしょうか? AikinsさんはGPSと、着地用ネットに付けた4つのライトを使って着地の位置を調整しました。またネットは、着地のときの速度を絶妙にゆるめるべく特別に作られたものでした。



    National Geographicにはこうあります。

    ネットは鉄の2倍の強度を持ちながら弾力のない高密度ポリエチレンのコード、Spectraでできていた。Aikins氏の急降下する体がネットにあたると、ロープと滑車でネットにつながれた圧縮空気のシリンダー4つにより減速させられた。卵を手で受け止めるのと同じように、長い距離を使ってそっと減速していったのだ。


    安全のための手段はネットだけではなく、高度が高いと酸素濃度が下がるので、Aikinsさんには酸素マスクが着けられました。それに彼はプロのスカイダイバーなので、どういう姿勢で落ちればいいかもわかっています。Popular Mechanicsによれば、スカイダイバーの落下姿勢、つまり腕と足を伸ばし、胸を地面に向けるのは、摩擦によって落下速度を下げるのに役立ちます。またそれによって、落ちる方向もコントロールできるようになります。

    でもこのフリーフォールでなんといっても役立ったのは、重力と抗力が釣り合って速度がそれ以上上がらなくなる終端速度です。つまりAikinsさんは、あるポイント以降は加速せず一定の速度で落ちてきたんです。

    そんなわけで、パラシュートなしで落っこちるなんてクレイジーですが、生還が絶対無理というわけじゃありません。1940年代以降、人間が長距離のフリーフォールに耐えた事例は13件あり、たとえば第二次世界大戦のパイロットが高度2万フィート(約6100m)のB-17から列車の駅に落ちて、がれきがクッションになって助かったりしているそうです。

    …だからってフリーフォール真似しようなんて思えないですけどね〜。ご無事で良かったです。

    image: Facebook

    source: National GeographicThe New York Times

    Carli Velocci - Gizmodo US[原文

    (miho)