420日物の熟成肉は食べられるの? おいしいの?

420日熟成した肉で作ったステーキのお味は?

「ファンキーな味」って一体!?

日本でも最近話題になってきた「熟成肉」。低温&高湿度な環境で寝かせる「ドライエイジング」と呼ばれる方法で熟成させることでタンパク質が壊れ、肉の旨味が増して柔らかくなることが魅力の食べ方です。

その「ドライエイジング」では、15日~42日ほど寝かせるのが一般的ですが、あえて実験的に420日間寝かせた肉をステーキにして食べてみるというグルメ(?)な様子が公開されています。

こちらはThe Awesomerが取り上げた、Eaterの動画。

今回420日熟成肉に挑戦しているのは、Professional Carnivore(プロの肉食家)のニック・ソラレスさん。いかにも食にうるさそうな雰囲気を醸しだしています。いきなり420日物を食べるのではなく、いろんな日数の物を食べ比べていくというスタイルです。

まず45日物は、一般的な熟成肉の中でも結構日数が経過している部類。口に入れずとも、熟成しているということがわかる香りがし、食べてみると「(一般的な)28日とくらべて香りが強く、過剰にファンキーな味」とのこと。

その倍となる90日物は、より乾いてパサパサになっているようで、「45日よりもさらに香りが強く、味が凝縮されていて迫力がある味」と説明されています。

そこからさらに倍の180日物は、「スティルトンチーズのような味で、今までの2つに比べて甘さが一切ない」とのこと。熟成が進むとチーズも肉も差がなくなっていくのでしょうか?

このお店のメニューにある熟成肉の中でも最も長い期間熟成された240日物は、「極めてファンキーで、深く熟成された味がする。牛肉というよりはシャルキュトリ(フランスの豚のハムやソーセージのこと)のような感じ」とのことです。

最後に挑戦するのが430日物。「見た目はもはや化石のよう。味も決して良くはなく、しょっぱすぎる。香りづけとしては使えるかもしれない」と語られています。

ちなみに動画には「ファンキーってどんな味だよ?」というコメントが多数寄せられています。確かにどんな味なのか、熟成肉を実際に食べて、ファンキーを体感してみたい……。

source: YouTube via The Awesomer

傭兵ペンギン