シワシワの最大の敵は「お金の心配」

ストレスに悩む女性のイメージ

いつも給料日前に厳しくなっている人は要注意!

ストレスが健康に悪影響をもたらすことなんて、だれでも知っているでしょう。でも、数あるストレスのなかでも、経済的にハードな暮らしほど、人の老化を早めてしまうものはないという衝撃的な研究結果が発表されましたよ。

このほど電子ジャーナルの「Research on Aging」に掲載された新論文によると、さまざまなストレスが人の外見におよぼす影響を調べるため、228名の男女を10年にわたって追跡調査。19名の審査員に客観的な判断を仰ぎつつ、それぞれの調査対象者が何歳に見えるかの総合評価を求めました。

その結果、激しいストレスを経験した人ほど、実年齢よりも老けて見える傾向があることがわかりました。さらに、経済的なストレスに苦しんだ調査対象者層の老化が極めて早いことが判明しました。調査期間中に財政面で厳しい生活苦を経験したグループは、あまりお金の心配がない暮らしを送ったグループと比較して、平均すると10年も老けて見えるとのデータが明らかにされています!

今回の研究チームを率いた、Brandeis Universityの心理学部のMargie Lachman教授は、このようなコメントを発表しています。

金銭的に大きなストレスを経験している人は、容姿に気を配る余裕などないのかもしれない。ストレスそのもの老化のプロセスを加速させている可能性も否定できない。

なぜ金銭的なストレスが、もっとも老化に影響を与えてしまうのかなどの詳細は、引き続き研究を行なっていくそうです。なお、研究はアメリカ国立老化研究所(National Institute on Aging)の支援を得ながら進められていくみたいですね。

また、同研究では、ほかにも人の見た目と実年齢についての興味深い調査結果が出ています。たとえば、一般的に女性は、周囲の人が自分について思っているよりも、さらに若く見えるはずだと自己満足による評価を下している場合が多いそうですよ。自分では、まだまだ若く見えると思っていても、実際には顔に苦労のシワが刻まれていっているかもしれません。女性の方々、ご注意を…

image by Shutterstock

source: Brandeis University via PsyBlog

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)