テーブルソーの後ろに立たないほうがいい理由

テーブルソーの後ろに立たないほうがいい理由 1

怖い怖い怖い怖いっ!

大怪我の危険と隣り合わせの工場では絶対に守らなくてはいけないルールがあります。例えば、必ずゴーグルをつけるとか。そして、ここで伝えておきたい絶対に守ってほしいルールのひとつ、それが「絶対に絶対にテーブルソーの後ろには立たない」です。

テーブルソーとは、テーブルに回転する丸いのこぎり歯が埋め込まれた工作用テーブルのこと。ここに木材をスライドさせて段差をつけたり形を作ったりします。さて、そのテーブルソーを使っている時に絶対に後ろに立ってはいけない理由をKenCraftのKen Spitulskiさんが動画内で見せてくれます。Kenさんが木材をカットしている時に手元が狂い、その木材はものすごい速さで6m先の壁に飛んで行きました。外側の鉄の壁でやっと止まるまで、20cmも貫通しています。もし壁ではなく人が立っていたりしたら、もう惨劇です。血の海です。絶対に気をつけてください!

ちなみにKenさんは注意喚起のために、壁に突き刺さった木材をそのままにしているそうです。それも結構危ない気もしますけど。

Bryan Menegus - Gizmodo SPLOID[原文

(リョウコ)