滴滴出行がUber中国事業買収を発表、壮絶な廉売戦争に幕

滴滴出行がUber中国事業を買収

Uberの完全敗北と見るか、中国突破と見るか。

滴滴に10億ドル出資したアップルは大勝利? 中国ライドシェア最大手の滴滴出行が、世界最大手Uberの中国事業を丸買いすることを明らかにしました。

Uberは中国進出から2年で20億ドル(約2050億円)の大赤字で、海外でいくら稼いでも全部中国でパーになる中国問題がIPOの大きな障壁となっていました。これで滴滴との終わりの見えない過当競争に幕を引き、中国の事業とブランドとデータを完全に引き継いで撤退、他の市場に集中することになります。

統合後の事業価値は約350億ドル(約3兆6000億円)規模で、株式の20%はUber側が取得できるとBloombergは報じています。Uber中国出資者のBaidu(バイドゥ)が役員になるというWall Street Journalの情報も。滴滴はUberに10億ドル出資します。滴滴と半分こを諦めて、20%は間違いなく残るしたたかな道を選んだ、とみることもできそうですね。

でもそれって独禁法違反にならないの?と思っちゃいますけど、Fortuneの記者が昨晩取材した関係筋の話では…。

「中国だし、滴滴は中国企業だ。無問題だろう」

とのこと。恐るべし中国。

image by Bloomberg

source: Bloomberg日本版), Wall Street Journal日本版

(satomi)