電子タバコ、ついに18歳未満への販売が米国で違法に

タバコを吸う人

電子タバコも、れっきとしたタバコであることに変わりありません!

ベイピング(ヴェイピング)とよばれる、蒸気を発生させて吸入する新たな喫煙スタイルを生み出した電子タバコ。普通にタバコを吸うよりは安全健康面の害が少ない、との研究発表もされています。

とはいえ、このほどFDA(アメリカ食品医薬品局)は、厳密にタバコと定義されていなかった、シガー(巻きタバコ)や水タバコとともに、電子タバコを18歳未満に販売することを違法と定める新法を施行。米国内での喫煙最低年齢は18歳ですが、その年齢に達さない未成年は、電子タバコの購入が許されなくなりました。

若者による従来のタバコの喫煙問題が、この10年間で大きく減少した一方で、別の種類のタバコ製品の使用は急増してきた。その結果として、子どもたちが中毒に陥る危険が増している。その代表的な例が、高校生による電子タバコの使用だ。

FDAのタバコ製品センター、Mitch Zeller長官は、新法の施行発表にあたって、このようにコメントしています。過去5年間で、米国内の高校生による電子タバコの使用率は900%も増加! あらゆるタバコがもたらす害から子どもたちを保護するため、電子タバコも未成年には違法な喫煙であり、ただちに使用をやめるようにとのメッセージが公式に出されたとの説明がなされています。

また、FDAは、あらゆるタバコ製品のパッケージに表示する、喫煙の危険を警告するラベルに関連した規制を強化。どのように健康面で有害な影響がもたらされるのか、より明確に表示することが義務づけられました。電子タバコも危険な喫煙の習慣に変わりないとの正式判断が、はっきりと米国内で示された形です。きっとこの流れは世界へ広がっていくのでしょうね。

image by shutterstock

source: FDA

Eve Peyser - Gizmodo US [原文

(湯木進悟)