目と耳から覚える、ABC順「ハリー・ポッター」の呪文

    ハリー・ポッター 呪文 ABC順

    ハーマイオニーの発音や動作の正確さ、可愛さが浮き彫りに。

    ビデオアーティストのDavide Rappさんが、映画版「ハリー・ポッター」に登場する呪文をアルファベット順にまとめた動画を制作し話題になっています。

    魔法界を舞台にしたファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズは、映画、舞台など様々な形となり世界中で愛され続けている作品。登場する魔法道具や不思議な生き物、変わったお菓子はどれも私達の想像力を刺激します。中でも呪文を使うシーン映画版を観た後に必ず真似したくなる要素。映画シリーズの第1作目「賢者の石」公開時には、映画館の外や学校で多くの人が「ウィンガーディアム・レビオーサ」と浮遊呪文を唱えていました

    魔法力を持たない私達マグルでも、呪文を声に出すとなんだか楽しいのです。

    とは言え登場する大量の呪文を独学で覚えるのは至難のわざ。実際に呪文が使われているシーンをABC順に観て、正しい発音と杖の振り方を一気に覚えてしまいましょう! 

    無言呪文を体得するまでは、滑舌の良さと早口が生死を分けることになりそうですね……。もしも明日にでもホグワーツの戦いに参加しなければいけないとしたら、まず文字数が短く、発音も容易なステューピファイを集中練習するのが良さそうです。

    以下は登場した映画版準拠の呪文一覧です。ただしレダクトとして紹介されたシーンのうち、燃え上がる炎にかけている魔法は正しくはレデュシオ(縮め)なのでご注意ください。間違えて唱えるとテントが火事になってしまいます。

    A

    ・アクシオ(来い)

    ・アグメンティ(水よ)

    ・ヴォラーテ・アセンデリ(蛇よ、去れ)

    ・アロホモラ(開け)

    ・アラーニア・エグズメイ(蜘蛛よ、去れ)

    ・アレスト・モメンタム(動きよ、止まれ)

    ・アセンディオ(昇れ)

    ・アバダ・ケダブラ(※死の呪い)

    B

    ・ボンバーダ(砕けよ)

    ・ボンバーダ・マキシマム(完全粉砕せよ)

    ・ブラキアム・エンメンドー(骨よ、治れ)

    C

    ・システム・アペーリオ(箱よ、開け)

    ・コンフリンゴ(爆発せよ)

    ・コンファンド(錯乱せよ)

    ・クルーシオ(苦しめ)

    D

    ・ディフィンド(裂けよ)

    ・ディミヌエンド(縮め)

    ・ディセンディウム(分解せよ)

    E

    ・「ナメクジくらえ!(Eat slugs!)」

    ・エネルベート(活きよ)

    ・エンゴージオ(肥大せよ)

    ・エピスキー(癒えよ)

    ・エヴァーテ・スタティム(宙を踊れ)

    ・エクスペクト・パトローナム(守護霊よ来たれ)

    ・エクスペリアームス(武器よ去れ)

    ・エクスパルソ(爆破)

    F

    ・フィアント・デューリ(※防壁強化魔法)

    ・フィニート・インカンターテム(呪文よ終われ)

    I

    ・イモビラス(動くな)

    ・インペディメンタ(妨害せよ)

    ・インペリオ(服従せよ)

    ・インカーセラス(縛れ)

    ・インセンディオ(燃えよ)

    L

    ・ラカーナム・インフラマーレイ(※服を燃やす)

    ・レジリメンス(開心)

    ・レヴィコーパス(身体浮上)

    ・ルーモス(光よ)

    ・ルーモス・マキシマ(強き光よ)

    ・ルーマス・ソレム(※太陽の光を出現させる)

    M

    ・モースモードル(闇の印を)

    ・マフリアート(耳塞ぎ)

    N

    ・ノックス(闇よ)

    O

    ・オブリビエイト(忘れよ)

    ・オキュラス・レパロ(眼鏡よ、直れ)

    ・オパグノ(襲え)

    P

    ・ペリキュラム(救出せよ)

    ・ペスキ ピクシ ペステル ノミ(ピクシー虫よ去れ)

    ・ペトリフィカス・トタルス(石になれ)

    ・ピエルトータム・ロコモーター(すべての石よ、動け)

    ・プロテゴ(護れ)

    ・プロテゴ・マキシマ(最大の防御)

    ・プロテゴ・トタラム(万全の守り)

    R

    ・レダクト(粉々)

    ・レデュシオ(縮め)

    ・レラシオ(放せ)

    ・レペロ・マグルタム(マグルを避けよ)

    ・リクタスセンプラ(笑い続けよ)※映画では吹き飛ばし効果

    ・リディクラス(ばかばかしい)

    S

    ・サルビオ・ヘクシア(呪いを避けよ)

    ・セクタムセンプラ(切り裂け)

    ・サーペンソーティア(ヘビ出でよ)

    ・ステューピファイ(麻痺せよ)

    V

    ・フェラベルト(杯になれ)

    ・ヴィペラ・イヴァネスカ(蛇よ、消えよ)

    ・ヴァルネラ・サネントゥール(傷よ、癒えよ)

    W

    ・ウィンガーディアム・レビオーサ(浮遊せよ)

    動画にでてこないアルファベットのうち、ジェミニオ(そっくり)のGなどは原作に存在していますが、K、Y、Zから始まる呪文はまだ確認されていません。シリーズ最新映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は2016年11月23日公開予定ですが、新しい呪文が登場するのかも気になるところです。

    source: vimeo 1, 2, 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

    勝山ケイ素