大気汚染がアートに。自動車の排気ガスをリサイクルして作られたインク

大気汚染がアートに。自動車の排気ガスをリサイクルして作られたインク

「僕たちは大気汚染について文句を言うことはできるけど、もしそれを捕まえて、きれいにして、表現の世界で利用できるとしたら、どうだろう?」

大気汚染をリサイクルしたインク「Air Ink」の開発を成功させたのは、インドのGraviky Labs

インクの詰まったペン1本には、自動車から放出された30〜50分相当の排気ガスが使われているそうです。

シンガポールのビールブランド、タイガービールをスポンサーとして獲得した彼ら。大気汚染が深刻な香港でインクを使用して手掛けたというのがこちらのアート作品です。

Graviky LabsによるAir Ink

Image by Air Ink/Tiger Beer

数年前、MITメディアラボの「Fluid Interfaces」プロジェクトの会話のなかでアイデアを思いついたという創設者は、数年かけて自動車の排気ガスから炭素を抜き出すのに必要な化学工程の研究を進めたといいます。2016年のINK Conferenceではビジョンを語り、安全性の保証もとれたという現在は、商品のスケールアップに向けて動き出していくようです。

「Air Ink」のコンセプトや背景、ペンが実際に使われている映像は、こちらの動画でご覧いただけます。

Top image by Air Ink / Graviky Labs

source: Lost at E Minor

Jennifer Ouellette - Gizmodo US [原文

(Rina Fukazu)