「P.T.」から影響を受けたホラーゲーム「アリソン・ロード」が地獄から復活

「P.T.」から影響を受けたホラーゲーム「アリソン・ロード」が地獄から復活 1

夢の続きを見せておくれ!

昨年PS4で配信された「P.T.」を覚えていますでしょうか? この作品は後に発売予定だった「Silent Hills」のティザーゲームとして配信されたものでした。本編の方は残念なことに制作中止となりましたが、「P.T.」は多くの人を震えあがらせ、ゲーム業界に大きな影響を与えました。

ゲーム制作者のChris Keslerさんも「P.T.」に魅了された1人。彼は「P.T.」にインスパイアされたホラーゲーム「Allison Road(アリソン・ロード)」を制作していたのですが、先月、突然の制作中止のアナウンスが。しかし「Silent Hills」とは違い、「Allison Road」は地獄の底から這いあがってきたようです。

Far From Homeによるこの動画は2015年6月に公開された「Allison Road」のプロトタイプのゲームプレイ

「Allison Road」もまた製作の過程で紆余曲折を経ています。2015年に開発が始まり、クラウドファンディングサイトのKickstarterで資金を調達し始めたものの、ゲーム制作に集中するためとしてキャンペーンを途中でキャンセル。その後は、芋虫が主人公のストラテジーゲームシリーズ「Worms」などで知られるゲーム会社Team17がパブリッシャーとなり資金提供をしていました。

先月の制作中止のアナウンスで、開発当初からフォローしていたファンたちが哀しみ嘆いていたところ。しかし、これまた突然に「Allison Road」のFacebookページで復活が宣言されたのです。Keslerさんはこう記しています。

「Allison Road」から少し離れて、仕事に戻り、これまで作ってきたものをしっかり見直してみたんだ。ストーリーにちょこちょこと変更を加えたり、レイアウトテストをしてたり。そしたら、自分で気づかないうちに自然と制作のスピードが上がっていった。時々こういうことが起きるけどおかしいよね。まるで家に帰ってくるような感じだ。本当は一度も家を離れたことなんてないのにね。

また、IGNによるインタビューによると、どうやら本作はインデペンデント作品となるそうです。以前はゲームスタジオLilith Ltd.の名義で本作の開発をしていましたが、今後の開発は1人で続けると述べています。

ゲームプレイの動画を公開した時点で、モデリング、テクスチャリング、シェーダー、ライティングなどはすべて1人で開発していたし、ありがたいことに多くのメカニクスもこれまでの開発段階ですでに組み込まれている。だから、ここからは気持ちよく自分の力でゲームを前に進めていける。もしも、そしていつか、新たな機能やメカニクスが必要になったり、以前に開発した部分で変更が必要になったら助けを求めるつもりだよ。

いったい何がキャンセルの原因となったのかは推測の域を出ませんが、自分の作るホラーゲームによって精神が蝕まれていたなんて可能性もあるのでは…。今のところ、完成予定の時期は明らかにされていません。いまだに「Allison Road」公式サイトでは「COMING 2016」という表記のまま。ただし、プラットフォームはOculus Riftのほか、PS4とXbox Oneも予定されているので、発売されれば多くの人がプレイできますね。

儚く散った「P.T.」への夢を「Allison Road」として実現させてくれる日が待ち遠しいです。

image by Allison Road

source: IGN, Facebook via GameTyrant

abcxyz