ドローンで見る、アップル新本社工事の進捗。また育ってます

アップル新本社 工事 ドローン

もうちょっとで建物は完成しそう。

Appleがカリフォルニア州のクパティーノに建設中の新本社。その8月時点でのドローンからの空撮動画が新たに公開されました。6月に撮影された動画と比べると、違いがわかりやすいかもしれません。

こちらはMatthew RobertsさんがDJI社製のドローン「Phantom 3 Professional」を使って撮影した動画。10万平方フィートという巨大なフィットネスセンター、20万平方フィートの駐車場、そして本社ビルの上に敷き詰められる予定のソーラーパネルなどが確認できます。Apple新本社はすべての電力が再生可能エネルギー賄われる、とってもクリーンな施設なんです。

動画ではその他にも、将来のバスケットコートやテニスコート、巨大なR&D(研究開発)センター、そしてイベントを開催する講堂などが確認できます。来年はiPhoneが誕生してから10周年となりますが、記念すべき来年の新型iPhoneはこの新本社で発表されることになるんでしょうか? 一度でいいから、お招きされてみたいものです。

source: YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)