ヘルスケア製品イメージ

Apple Watchのおともに?

AppleがApple Watchと共に進出したフィットネス/ヘルスケア分野。初代モデルでは一日の運動量がわかったり、第二世代ではGPSや気圧計が搭載されるとのがあるものの、まだ進化の途上といったところでしょうか。しかし台湾の経済日報によると、Appleは2017年に新型のヘルスケア・トラッカーをリリースするかもしれないんです。

この新製品は心拍数や血糖値など、より詳細なフィットネスあるいはヘルスケアデータを知りたい人を対象としています。また、Appleでは専属チームがすでに2年間このヘルスケア・トラッカーの開発に取り組んでいるとのこと。さらに、操作性を改善するため、押された強さを感知する「3D Touch」が採用されるとしています。

Appleが鳴り物入りで参入したフィットネス/ヘルスケア分野ですが、その期待を一身に背負ったApple Watchは売れ行き不振が伝えられたり、アプリ開発が停滞しているなど、最近ではいい話を聞きません。その理由は色々あると思いますが、Apple Watchがいろいろ手を出そうとしすぎて中途半端な製品になってしまったこともあるのではないでしょうか?

もし来年に新型のヘルスケア・トラッカーが登場すれば、AppleはApple Watchをより時計として完成させる(例:バッテリーの持続時間、ディスプレイの点灯時間/方法、本体の薄型化…)方向に方針転換することもできるでしょう。正直なところ、突拍子もないように思える新型ヘルスケア・トラッカーの噂ですが、これは意外とApple Watchの起死回生のチャンスになりえるかもしれませんね。

top image by Syda Productions / shutterstock.com

source: readwrite via Macお宝鑑定団blog[羅針盤], Apple Insider

(塚本直樹)