自身の宗教を「ジェダイ」と言うオーストラリア人が多すぎて問題に

ジェダイ オーストラリア人 国勢調査

政府、宗教、「スター・ウォーズ」をめぐる戦いがオーストラリアに迫りつつあります。

来る8月9日に国勢調査が行なわれるオーストラリアでは、宗教の欄に「ジェダイ」と書かないようにというキャンペーンが行なわれています。

5年おきに行なわれるオーストラリアの国勢調査。Brisbane Timesによれば2006年には5万8053人が宗教欄に「ジェダイ」と記入。2011年にはその数が増加し、6万4390人が「ジェダイ」と回答しています。どうやら彼らは真剣にジェダイを宗教としてとらえているわけではなく、「スター・ウォーズ」への愛をアピールすると同時に政府に対して中指をオッ立てているというのが実情のよう。

それに対して、オーストラリア無神論者財団(the Atheist Foundation of Australia)は、そういった人々にジョークでそんなことを書かないようにとアピールするキャンペーンを行なっています。その理由として、「ジェダイ」と書いた場合、「無宗教」ではなく、「定義されていない宗教」として数えられてしまうから。そうなれば「オーストラリアが実際よりも宗教的な国に見えてしまう」と心配しているのです。別にいいじゃんと思われるかもしれませんが、このインフォグラフィックによれば「宗教関連のデータは公共政策や都市計画、地域支援施設などに用いられる」のです。

つまりオーストラリア無神論者財団が恐れているのは、国が実際よりも大勢の人を「宗教者」として考え、それに基づいて政策を組み立て、税金を使ってしまうこと。でも、それってもしかして「ジェダイ」と回答する人が多ければ国の予算をつぎ込んでデス・スターを建造してくれたり ジェダイ寺院とか立ててくれたりとかもするのかも~? 今年はいったいどれだけの人々が「ジェダイ」と回答するのか楽しみです。

source: Brisbane Times via Mashable

Germain Lussier - Gizmodo io9[原文

(abcxyz)